ながら運転のこれはアウト!で一発免停?

スポンサーリンク
ながら運転未分類
出典:NHK

この10年間で「ながら運転」の事故が倍近くも増えています。位置ゲームなどから急速に増加した「ながら運転」ですが、その「ながら運転」による事故が大きな問題となっています。そんな事例が多発していることから、今回罰則の強化を図ったことは仕方ないといえるでしょう。

 

LINE漫画を読みながら高速道路を走行し、前を走っていたバイクに追突し、被害者を死亡させた事故がありましたが、この加害者は全く前をみないまま444メートル以上も車を走らせていました。

 

この他、ポケモンGOなどのゲームをしながら死亡事故を起こすなど、「事故」とは呼べないようなケースも多くなっています。警察庁の統計によれば、2018年、スマートフォンなどの操作によって起きた人身事故は、2790件にのぼり、そのうちの死亡事故は45件発生して、5年前に比べると約2.1倍にも増えています。

 

ながら運転の取締件数は、年間約84万件。道路交通違反全体の14%でその年によって上下はありますが、「速度違反」「一時停止違反」と並んで常に上位3位までにランクインしています。

 

交通事故そのものは減ってきているのですが、「ながらスマホ」による重大事故が増えているというのは、現代特有の新しい事故形態だといえるでしょう。12月1日から始まる「ながら運転」での厳罰化が施行されましたが、どのように厳しくなるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

どれくらいの厳罰化になったのか?

例えば、運転中に携帯電話を持ったまま通話や操作をして、画面を見続けていたことが分かった場合、違反点数は1点だったのが3倍の3点になりました。

そして、反則金も普通車の場合、6000円だったのが18,000円と同じく3倍に引き上げられています。これは普通車の場合ですが、2輪車や大型車などでも、それぞれ3倍近く厳しい罰則となっています。

 

また、改正前のような反則金の支払いはなくなり、原付、二輪車、普通車、大型車の全てで一発刑事扱いで懲役となります。

 

大まかには、改正前が5万円以下の罰金でしたが、改正後は6ヶ月以下の懲役または、10万円以下の罰金に変わり、かなり厳しくなったことがわかります。

また、それだけではなく、「ながら運転」によって事故を起こした場合、違反点数6点となり、免許停止処分となります。つまり、一発免停となったうえに、懲役や罰金の刑罰が科されることもあります。

 

赤信号で停止中のスマホは触っていい?

気になるのが、今回の「ながら運転」の厳罰化について、「赤信号で止まっている時は触っていいのか?」「Googleマップを目の前に置いても駄目なのか?」という問題が出てきます。

 

カーナビは基本的には見ても大丈夫だそうですが、一般的な解釈として停止中でもカーナビを2秒以上見続けてしまうとアウトになります。

 

そして、スマホをカーナビ代わりに使用している人も多いと思われますが、スマホを前においても、2秒以上続けて見ると違反になる可能性があります。

つまり、いくらスマホをカーナビ代わりに置いていても、2秒以上前方を見ない状態を続けると違反になる可能性があるということです。

つまり、いくらスマホをカーナビ代わりに置いていても、2秒以上前方を見ない状態を続けると違反になる可能性があるということです。

 

ただ、いくら赤信号で停止した状態でも、スマホなどを見ていると青信号に気付くのが遅れ、後続車からクラクションを鳴らされてしまい、それがもとでトラブルにもなりかねません。

ですから赤信号で停止中でも、緊急の時以外はスマホなどを見るのは避けた方がいいでしょう

 

また、スマホによる通話ですが、運転中のスマホは当然だめですが、

赤信号で停車中の場合はセーフだそうです。

 

今回の「ながら運転」の厳罰化についての周囲の意見とは?

「自動車のながら運転の取り締まりだけでなく、自転車のながら運転はどうなるんだろう?イヤホンをし、片手運転で携帯している人もいるし、しかも車道で走行し、夜間もライトは前方しかなくて近距離でしか確認できないから怖い」といった意見もあったり、「車ばかり取り締まらないで、歩行者や自転車の方が先に取締対象になるべき、ヘッドホンして音楽や動画を見ながら歩いている自転車を運転している人の方がよっぽど危ない」という声がありました。

 

さらに、歩行中のスマホも道路交通法違反だし、歩きスマホで他の歩行者と接触したものも道路交通法で罰することができるように警察庁は告知してもらいたい。歩きスマホをしている人を避けたら、体当たりして睨まれたり舌うちされたりするのはウンザリだ」といった声もありました。

 

実際の取締方法とは?

  • 一般道路の場合

道路の端や横断歩道橋の上などに「違反行為を見る警察官」を置いて、その先に違反車両を停止させ、切符を作成する警察官」を置きます。

  • パトカーや覆面パトカーによる場合

パトカーや覆面パトカーで警ら中、違反行為を確認したとき、違反車両を停止させ検挙します。

  • 高速道路の場合

インターチェンジや料金所などに、「違反切符を確認する警察官」を置き、別の「停止させ検挙する警察官」と無線等で連絡を行いながら、違反車両を停止されて検挙します。

 

⇒⇒⇒危険運転の自転車多数!車の運転中に冷や汗!

⇒⇒⇒道路族が問題に!あなたのご近所は大丈夫?

⇒⇒⇒帰省シーズンにも気を付けたい新幹線でのマナー

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kazuの時事ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました