海外でのリスクに備えて

未分類

日本にいる時と同じように、病気や事故のリスクはあります。海外出張や旅行の時にどれくらい備えていますか?海外では、病気や事故以外に、荷物や財布などの盗難、ロストバケッジなどに合うリスクもあります。特に病気や事故で入院になると、救急車を呼ぶのも日本のように無料ではありません。保険のきかない海外では、膨大な費用が掛かります。数百万~数千万掛かる可能性もあります。海外旅行保険に入らないまま旅立つのはまずいです。海外では、事件や事故に巻き込まれたり、日本と違う環境でのストレスや疲労で思いがけない病気にかかる人が後を絶たないので、海外旅行保険には必ず入るように外務省も勧めています。

スポンサーリンク

海外保険の選び方

出張に行くときは、会社が出張期間に合わせて海外保険を掛けて、保険証書を受け取っていればいいのですが、個人で保険に入らなければいけない場合、海外保険もいろいろありので、正直どれを選べばいいかわかりませんが、保険は入っていればいいという事ではなく、保障内容が重要です。   海外旅行保険には傷害死亡・後遺障害、傷害・疾病治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用などがあります。

カード付属の保険

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は、持っているだけで自動的に付帯される「自動付帯」タイプと、出国までの公共交通機関の代金や旅行代金をクレジットカード払いで支払うことが条件で付帯される「利用付帯」タイプとがあります。自分の持っているカードがどちらなのか確認しておきましょう。

傷害死亡・後遺障害の保証金額が高くても、実際に海外旅行保険の利用で多いのは治療・救援費用、次いで携行品損害です。実際に海外では、盲腸レベルの治療費用でも250万円以上になるケースもあります。 自身の所持カードの治療・救援費用の保証額をチェックしてください。

後重要なのが、カードの保険がキャシュレスタイプかどうかです。キャシュレスタイプでないと、帰国後に保険金請求になるので、治療費を立替えなければなりません。

病院での支払い

万が一海外で具合が悪くなって病院へ行かなければならなくなったら、加入した海外旅行保険やカード付帯の保険がキャシュレスタイプの場合、まず、保険会社へ電話しましょう。

  • 名前
  • 加入している保険内容等
  • どんな状態か?どこで発症したか?
  • 現在どのような状態か?

を聞かれ、保険適用可否を確認できるかどうかを確認するための一旦終了。その後しばらくして、保険適用可否連絡、適用であれば、現地の病院の紹介と通訳やタクシーの手配をしてくれるます。  パスポートだで持って行き、病院で保険会社へ渡す保険金請求書に必要事項を記入すれば、自己負担することなく治療が受けられます。

キャシュレスタイプの保険でない場合、もしくはキャシュレス提携病院以外では、治療費を医療機関へ現金もしくはクレジットカードで支払いし、日本へ帰国後に保険金請求の手続きをしなくてはいけません。

まとめ

長期入院などの高額の保険金(300万以上)が支払いされる割合は、極端に少ないらしい。

海外保険の自動付帯で、キャッシュレスタイプのカードも持つのが、ベストだと思います。ただクレジットカードの海外旅行保険が適用になる期間は出国から90日です。91日以上の長期の場合、海外保険保険に加入しましょう。海外旅行保険は、500円/日位ですね。

海外保険の自動付帯で、キャッシュレスタイプのカードでおすすめなのが、エポスカードです。  傷害・疾病治療費が最高270万円、賠償責任補償については最高2,000万円と、安心して利用できる補償となっているのです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました