女優 松本まりかの映画やドラマの演技が話題に!

ここ数年にかけて大きくブレイクしている女優の松本まりかさんは、昨年1月のテレビ番組「ホリデイラブ」で、あざと可愛い主婦の役で注目されるようになりました。

 

また、今期のフジテレビ系ドラマ「シャーロック」では鬼気迫る演技や、テレビ東京系ドラマ「死役所」では美人で口の悪いクールな役をこなし、話題になっています。そして、その熱演ぶりから松本まりかさんは、怪演女優という呼び名が定着しつつあります。

 

 

彼女の最大の武器ともいえるのが、その声にあるといわれています。松本まりかさんは現在35歳ですが、可愛い声をしています。女優デビューは15歳と早く、2000年4月の学園ミステリー「六番目の小夜子」に出演しています。

 

同じ出演者の鈴木杏さん、栗山千明さん、山田孝之さんらはその後ブレイクしていますが、松本まりかさんは足踏み状態で、なかなか注目されるまでには至りませんでした。

 

スポンサーリンク

松本まりかはソフトバンクのCMでも注目されていた!

2019年6月19日から全国でソフトバンクのCMでもウエイトレス役の松本まりかさんに注目が集まっていました。

白戸家お父さん、“小悪魔”松本まりかにメロメロ?

 

内容は、ファミリーレストランで白戸家が集まり、お父さんにスマホを進めるのですが、お父さんは「俺はスマホはいらん」「俺はスマホが絶対にしない」と言い返し、「頑固ジジイ」と言われますが、それを聞いていたウエイトレス役の松本まりかさんが、あのアニメ声で「男らしい。タイプ」と言い、「1枚いいですか?」と、一緒に写真を撮ったあと「写真入ります?」「連絡先交換していいですか?」とスマホを差し出します。

 

お父さんはこの松本まりかさん扮するウエイトレスにデレデレになって、「まさに今スマホにしようとしていたところです」とベタな落ちで終わるCMです。

このウエイトレスが松本まりかさんだと知らなかった視聴者からは、「この可愛い女性は誰?声も可愛い」といった声があがっていました。

 

 

 

松本まりかのプロフィール!

 

松本まりかさんは、1984年9月12日生まれ、東京都出身の女優・ナレーター・声優です。現在はA-teamに所属しています。

2000年のテレビドラマ「六番目の小夜子」で女優デビューし、同年から2001年まで雑誌「ピチレモン」のレギュラーモデルを担当していました。その他、ゲームの「FINAL FANTASY X」のリュック役を担当し、声優としても活動しています。

 

2018年に放送されたテレビドラマ「ホリデイラブ」で井筒里奈役を演じ、「あざと可愛い」キャラで注目されるようになりました。このドラマの初回放送後は、松本まりかさんのインスタのフォロワー数が4000から5倍に増えたり、ネット上でも多くのコメントが寄せられるようになりました。

 

その結果、2018年8月に発表された「Yahoo!検索大賞2018」で「松本まりか」が女優部門の上位3位に入りました。2019年での19年目になる女優人生で初めての賞となる、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019・ニューウエーブアワード女優部門賞を受賞しました。

 

松本まりかのこれまでの出演ドラマとは?

松本まりかさんは、2000年の「六番目の小夜子」に出演してから、NHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」や「ゲゲゲの女房」、日本テレビ系の「ホタルノヒカリ」などの人気作品に出演していますが、なかなかブレイクするまでには至りませんでした。

 

「六番目の小夜子」では、主人公の潮田玲(鈴木杏)が通う学校に「サヨコ」という不思議な言い伝えがあり、現実離れした不思議なドラマでした。松本まりかさんは、この作品では玲の親友で学級委員の花宮雅子役を演じています。

 

また、2000年に放送されたNHK大河ドラマ「葵 徳川三代目」では、秀忠とお江の長女である千姫の幼少期を演じました。

 

2002年にTBS系で放送された「太陽の季節」では、佐原慎二の婚約者である小宮山由紀の大学の同級生・安藤はるかを演じています。2004年、TBS系で放送された「虹のかなた」では、劇団の主演女優役を演じました。

 

2006年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「純情きらり」で、ヒロインの有森桜子の女学校時代からの親友である高野薫子役を演じています。また、朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」では、主人公の布美枝(松下奈緒)の女学校時代の同級生で、卒業してからは同じ洋裁学校に通う親友・節子役を演じています。

 

松本まりかさんは劇団☆新感線やナイロン100℃などの劇団の舞台でずっと演技を磨いてきました。また、持ち前の甘い声を生かして声優としても活動しています。あまり知られていませんが、人気ゲーム「ファイナルファンタジーX」のリュックの声や、人気アニメ「蒼穹のファフナー」の遠見役を演じています。

 

その他、松本まりかさんは声優として多くの作品に出演していますが、その甘い声は、童顔で可愛いらしい松本まりかさんの顔に似合っています。ただ、同性の中には、その甘い声が苦手だと言う人もいるようです。

 

彼女は、舞台を続けてきた演技力と、声優として培ってきた甘い声で、30代の半ばにして、ようやく注目されるようになりました。遅咲きの松本まりかさんですが、これからの活躍に注目のひとりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました