新触感!やわうどんがくせになる美味しさ!

日常の中にある、
面白いものを紹介する番組「マツコの知らない世界」で
紹介された「やわうどん」

みなさんは、やわうどんが人気になっていることをご存知ですか?

今までは、うどんといえばコシが大事といわれてきましたが、
やわうどんを食べてみると、
新しい触感のふわっと柔らかい口当たりが病みつきになる、
と注目されてきています。

東京都内でも、
やわうどんのお店が続々とオープンし始めているんですよ。

時間が経って伸びた麺ではなく、
ふんわりと柔らかい歯ごたえで、
だしとよく絡んでいるうどん、それがやわうどんです。

今回は、もっちりとした柔らかい麺の美味しさが魅力の
やわうどんにスポットを当てて

美味しく食べられるお店や家で作れるやわうどんのレシピ
なども紹介していきたいと思います。

やわうどんとは

やわうどんとは、麺が柔らかいうどんのことを言います。

うどんというのは、随分長い間、コシが命だと言われてきたようです。

うどん県、香川の讃岐うどんが定番となり、
うどんの美味しさイコールコシの強さ、
という認識が広まっていたように思います。

しかしここにきて、
ふわっと、つるっとした、
お箸で持ち上げると
ぷつっと切れてしまいそうなくらい柔らかいうどんに
スポットが当たってきました。

博多うどんや筑後うどん、伊勢うどんなどが
「やわうどん」といわれるくくりに入るようです。

やわうどんのおいしさは、
じっくり時間をかけて茹でることで引き立つ
小麦粉の美味しさと、

つゆの味がしっかりしみこんだ、
麺を味わえるところだと思います。

消化にもよいですし、新しい食感が多くの人に
受け入れられたようですね。

優しい口当たりと、だしがしみ込んだ柔らかいうどんを
この寒い時期に食べてみたいと思いませんか?

きっと、美味しさのとりこになると思いますよ。

やわうどんが美味しいお店を紹介

それでは、東京で味わえる美味しいやわうどんのお店を
いくつか紹介したいと思います。

久留米うどん

ふっくらしていて、噛んでみるともっちり感を感じられる
筑後うどんのお店です。

だしは煮干しの味がしっかり効いていて、食べると心が温まるような
ほっとできる味になっています。

だしは黄金色で透き通っていますよ。

昔の筑後地方の食卓では、このやわうどんが汁物として
出されていたから、麺が柔らかいのだそうです。

お店では、麺をあらかじめ茹でておいて、半日ほど
置いておき、提供前にだしで煮込むのだそうです。

おばあちゃんが作ってくれたような、
懐かしい味のうどんです。

住所:東京都渋谷区東1-3-5 モアエクセレンス1F

大地のうどん 東京馬場店

九州豊前のうどん。
うどんの麺は半透明だけれども、コシも感じられる細めん。
適度な食感の美味しいうどんです。

だしの色は薄いけれども、しっかり効いていて食欲をそそる味。

おすすめは、ごぼう天うどんです。
てんぷらは注文を受けてから揚げてくれるので、
素うどんだけが先に出てくることもあります・・・(笑

揚げたててんぷらが、だしに浸みてサクじゅわ・・という感じ。
麺とだしがとてもうまく絡まって、
ずるずるいくらでも食べられる美味しさ。

コシが感じられる麺なので、初めてやわうどんを食べる人にも
受け入れられやすいと思います。

住所:東京都新宿区高田馬場3-22-14

博多うどん よかよか

お箸ですくい上げるだけでも、切れてしまうくらい
柔らかい博多うどん。

このふにゃふにゃの麺が博多うどんの良さなんですね。

おだしも薄味なので、東京の人には少し物足りなさを感じるかも。
じっくり味わうと、昆布といりこ、鰹節の香りが楽しめます。

麺の表面がつるつるしているので、
のど越しがよく、いくらでもするする胃袋に入っていく感じ。

福岡出身の人が、博多うどんが食べたくなると、
わざわざ足を運ぶお店なのだとか。

本場の味を楽しみたいならば、ごぼ天うどんや丸天うどん、
そしてかしわ飯がおすすめです。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館地下1階

いせ万

三重県伊勢市の名物、伊勢うどんが東京でも食べられます。

伊勢うどんといえば、極太で汁がなく、
たれをかけて食べる柔らかいうどんです。

お揚げさんやてんぷらなどの具材もなく、
薬味のねぎだけをかけて食べる、シンプルなうどんなんです。

たまり醤油がベースの甘辛いたれが、食欲をそそって、
なぜだか病みつきになる名物うどんなんですよ。

いせ万さんの麺は伊勢から送られてきたものを使っているので、
本場のもっちりした歯ごたえを楽しめます。

伊勢うどん以外にも関西風のうどんメニューもあるので、
その日の気分で色々楽しめます。

冬場には足を運びたくなるお店です。

住所:東京都新宿区高田馬場2-6-6

やわうどんを自宅で簡単に作ってみよう

材料
・スーパーに売っている茹でたうどん玉・・・1玉
・小口ネギ             ・・・適量
・鰹節(削り節)          ・・・適量
・梅干し              ・・・1個
・醤油               ・・・適量
・オリーブオイル          ・・・適量

1.お鍋でお湯を沸騰させて、うどんの玉を茹でます。
時間は5~6分くらい。
通常よりも長めに茹でます。

2.茹で上がったら、水で流さず、そのままどんぶりに入れます。

3.梅干しを包丁でたたいて細かく刻みます。

4.どんぶりのうどんの上に、小口ネギ、鰹節、梅干しを乗せて
オリーブオイルとしょうゆを適量回しかけてできあがり。
丸天などを一緒にトッピングしても美味しいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今、着実にブームが来ている「やわうどん」

コシが強くて歯ごたえのあるうどんも美味しいですが、
寒い冬にはだしが効いた、もっちりとした優しい口当たりの
やわうどんが体に染みわたりますよ。

昔、風邪をひいたときに、お母さんが作ってくれた
柔らかいうどんを思い出すような、
懐かしさもある「やわうどん」

時々食べたくなる、美味しさです。

東京だけでなく、これからいろんな地域で
お店もできるのではないかと思います。

家でも作りやすいレシピも載せましたので、
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました