帰省シーズンにも気を付けたい新幹線でのマナー

新幹線を利用していて、
「これは無ないよな・・」というシチュエーションに
出会ったことはありませんか?

新幹線では狭い空間の中で前後左右に
知らない人同士が座るという状況になります。

そんな密着した狭い環境である新幹線のなかで、
お客さん同士のマナーについて迷ってしまうことも
多いのではないでしょうか?

ひょっとしたら、後ろの席の人は眠りたいのに、
自分たちは、友達との旅行で盛り上がってしまう、
ということがあるかもしれません。

他のお客さんに迷惑を掛けないためにも、
気を付けるべきマナーを紹介していきます。

これからの帰省シーズンにも役立つかもしれませんよ。

座席に関するマナー

まず最初に、
席に着いたときのマナーについて考えてみたいと思います。

座席のリクライニングについて

リクライニングを倒さない状態の席では
全くくつろぐことができませんよね。

ある程度長い時間、座っていることになる新幹線で、
背もたれを全く倒さないのは、苦しいですから、
1段階、もしくは2段階くらいは倒しても問題ないでしょう。

それ以上倒すときは、後ろの人に声をかけるようにしましょう。

座席を回転させることについて

グループで旅行している人たちが、座席を回転させて
ボックス席のようにして、
盛り上がっている光景を見たことがあると思います。

自分の席が、そのボックス席の中だったら
どうしますか?

Twitterでも、このような状況になった人のつぶやきが
反響を呼んだことがありました。

中には、指定席を購入したにもかかわらず、
グループの盛り上がりに、いたたまれなくなって、
ずっとデッキにいたという人も・・・

こんな場合、車掌さんに相談すれば、
「お願い」という形でグループ客に声かけをして、
席を戻してもらうような対応をしてもらえるようです。

逆に自分がグループで新幹線に乗る時は、
空席がある状態での座席回転はマナー違反であると
覚えておきましょうね。

そして降りるときは、回転した座席を元に戻しておくことも
マナーです。

グループでボックス席にしていると、
ついつい話が盛り上がって声が大きくなりがちです。

休んでいる人もいることを忘れずに、話し声には気をつけましょう。

匂いテロに注意

新幹線に乗る時には、
駅弁を食べるのが楽しみだという人も多いのではないでしょうか。

しかし、「駅弁を食べる匂いが嫌だ」という意見もあるようです。

ネットでは、大阪名物「551の豚まん」を新幹線内で食べることが、
「匂いがキツいから食べるな!」「いや、自由にさせろ」と
論争になったこともあるんです。

やはり、気配りという面では、匂いがきついものを車内で食べるのは
控えた方がいいかもしれませんね。

中には、新幹線の席で、大きなビニール袋を頭からすっぽりかぶって、
豚まんを頬張る画像をTwitterでアップした、
セクシー女優さんもいらっしゃいます。

恵比寿マスカッツメンバーの桃乃木かなさんが、その人で、

「551の豚まんを新幹線で食べることについて、
論争が巻き起こっていることはわかっているが、

我慢できないので、こうすることで許してください」と、
書かれていました。

そんな恰好をしてまで食べたいの?と思ってしまいましたが、
ネット上では「天才!」や「最高の解決方法!」
と絶賛されていましたよ。

ここまでする勇気がない人は、周りの人に配慮して
匂いがきつくない食べ物を選びましょう。

コンセントを独占しない

新幹線の窓側にあるコンセント。
これは誰が優先して使えるものなのでしょうか?

窓際の席に座れば堂々と使えますが、通路側に座ると、
余程図々しくない限り、使うのを諦めますよね。

最近は、携帯電話の充電をしたい人が多いので、
窓側の席を選ぶ人が多数です。

だから、ギリギリに指定席を購入すると、
通路側しか空いてないんですよね。

公式の案内では、「譲り合って使ってください」と
なっていますが、
窓側の人が使っていたら、なかなか言い出せません。

新幹線に乗り慣れている人では、
コンセントを3つに増やすことが出来る3口タップを持参して、
席の並びの人全員で電気を分けませんか?
と提案するというつわものもいるようです。

そうするのが一番いいのかもしれませんが、
それも勇気のいることなので、

自分が窓側に座ったときには、
コンセントの独占をしないように
周りのお客さんに配慮したいものですね。

車両のマナー

座席でのマナー以外にも、気をつけたいことがあります。
特に帰省ラッシュなどの、込み合っているときは、
みんなイライラしていますので、
揉め事にならないように、気を配りたいですね。

グリーン車に乳幼児連れはOK?

指定席がいっぱいだった時などは、小さな子供を連れていたら、
少し席が広いグリーン車を利用したいと
考える方もいるかもしれません。

しかし、それは控えた方がよさそうです。

グリーン車は指定席よりも座席が広いですし、
フットレストもついているので、皆さんプラス料金を払って
乗車している人たちです。

車内では、とても静かに過ごしていらっしゃいますから、
乳幼児の鳴き声などは響いてしまします。

せっかく座っても、周りの目が気になってくつろげないのが
現状だと思います。

JR的には、子連れでのグリーン車利用を推奨しているようですが、
実際はあまり利用していないのが現状のようです。

電話がかかってきたら?パソコン使用は?

これは多くの人がすでに実践していますが、
座席での携帯電話での通話はマナー違反です。

電話をする必要がある場合には、デッキに移動しましょう。

また、ビジネスで新幹線を利用している人は多く、
座席でノートパソコンを使って仕事をしいている人もいます。

ノートパソコンの利用は禁止されていませんので、OKですが、
キーボードをたたく音に少し気を配りましょう。

座席では眠っている人も多いです。
小さな音が気になる人もいますので、
周りの人に配慮した使い方をするのがいいでしょう。

まとめ

もうすぐ帰省のシーズンを迎えます。

新幹線を使っての家族みんなでの帰省を
心待ちにしている人もいるのではないでしょうか?

せっかくの楽しい旅行で
周りのお客さんとのトラブルが起きてしまわないように、
今一度、新幹線内でのマナーを確認したいですね。

自分ではマナー違反ではないと思って行動していても、
受け手にとっては厳しい判断をされることもあります。

トラブルを回避するためには、周りの人に声掛けをして
行動の確認をしてみるといいと思います。

相手の意向を確認することは、
すべての人間関係においても大事なことだと思いますよ。

 

⇒⇒⇒危険運転の自転車多数!車の運転中に冷や汗!

⇒⇒⇒道路族が問題に!あなたのご近所は大丈夫?

⇒⇒⇒ながら運転のこれはアウト!で一発免停?

コメント

タイトルとURLをコピーしました