戦国武将織田信長は、なぜ今でも人気があるのか?

スポンサーリンク

織田信長は、日本人で知らない人がいないくらい有名で、好きな武将ランキングでも1位にランクインするほどです。ではなぜ織田信長は人気があるのでしょうか?

織田信長は戦のとき、作戦を考えますが家人には相談はせずに独断で決めていたといいます。

しかし、その作戦は大胆なようで情報収集をしっかり行って、かつ慎重だったといわれています。

そんな織田信長には家臣も振り回されていましたが、織田信長は戦に強く、9割の勝率だったそうです。織田信長が常に戦に勝てた理由として、他の武将とは違って常識に一切とらわれない、柔軟な思考の持ち主だったことが関係しているといわれています。

また、織田信長は、他の武将が思いもつかないような事にも積極的に挑戦する革命的な武将でもありました。

スポンサーリンク

織田信長は身分の低い者に優しかった?

信長公記によると、美濃と近江の国境の山中に「山中の猿」と言われた身体に障害のある男が街道沿いで乞食をして暮らしていました。当時、岐阜と京都を行き来していた信長は、この乞食を度々目にしていて哀れんでいたそうです。

そして、1575年6月、上洛の途中で山中の村民を集め、木綿20反を「山中の猿」と言われた男に与え、「これを金に変えて、この者に小屋を建ててやれ。

また、この者が飢えないように毎年麦や米を施してくれたら、私は嬉しい」と村人に要請したと書いています。

信長のその行為に、山中の猿や村人は皆涙を流したといいます。これが本当ならば、信長は自分の家臣たちには厳しいけれど、庶民や弱い立場の者には寛大だったといえるでしょう。

 

織田信長は正義感が強い?

戦国時代の寺院は世俗の権力と一体化していて、軍事力を持ったり、僧侶が女に溺れたりしていたため、「宗教」としての意義を忘れていたと見られていました。

そんな僧侶の腐敗ぶりを非難し、比叡山焼き討ちなどを行い仏教勢力に対する軍事行動を行っていました。そんな行動から、織田信長は宗教を手放しに信じることはせず、祟りなどを恐れず正義感が強かったといわれています。

そうした、世間に流されず自分の信念だけで生きていくところに現在の日本人は憧れと尊敬の気持ちを抱くのかもしれません。

織田信長のプロフィール!

織田信長は1534年生まれ、戦国時代から安土桃山時代の武将で、戦国大名であり天下人です。織田信長は織田弾正忠家の当主だった織田信秀の子供で、織田弾正忠家の家督を継ぎ、尾張守護代の織田大和守家、織田伊勢守家を滅ぼし、弟の織田信行を破り、尾張一国を支配しました。

1560年、織田信長が26歳の頃、桶狭間の戦いで駿河の戦国武将である今川義元を破り、三河の領主だった徳川家康と同盟を結んでいます。その後、1565年には犬山城の織田信清を破り尾張を統一することに成功しました。

1580年、石山合戦が長い間続いたあと決着がつき、1581年には京都で大規模な馬揃えを行いその勢力を誇示しました。また、1582年に甲州征伐を行ったことで武田勝頼を自害に追いやって武田氏を滅亡させたことは有名です。

その後、東国の大名たちを従属させ、織田信長を太政大臣・関白・征夷大将軍のいずれかに任命する構想もありました。しかし、1582年6月2日、重臣である明智光秀の謀反によって、京都の本能寺で自害に追い込まれました。

織田信長の性格と評価とは?

織田信長は、早くから信秀から那古野城を譲り受けて城主となります。信長は奇天烈な行動がみられ、周りからは「大うつけ」と呼ばれていました。

信長は、身分にこだわらず、町の若者たちとも同じように戯れる日々を過ごしていたといいます。父親の織田信秀が急死したあとも、奇行が続いたため教育を担当していた平手政秀はそれを諌めるために切腹したといわれています。

平手政秀の死には信長もこたえたようで、師匠の沢彦和尚を開山として「政秀寺」を建立し、平手政秀の霊を弔うという人情味のあるところを見せています。

また織田信長の母親は愛情を弟に注いでいて、実母から愛されなかったといわれ、子供時代は不遇の生活を送っていたということです。また、このことがもとで奇行な行いをするようになったともいわれています。

織田信長は一般的には、極めて残虐で、通常とは異なる感性の持ち主であり、特に家臣に対しては酷薄であったといわれています。また、一方では世間の評判を重要視し、家臣たちの意見にも耳を傾けていたという見方もあります。

さらに、織田信長は武芸の鍛錬に励み、趣味が鷹狩や茶の湯、相撲なども好きだったといわれています。また、南蛮の文化にも興味をもっていたことも知られています。そして、天皇や朝廷に対しては協調的な体制をとっていたことは有力な情報となっています。

しかし、江戸時代には新井白石らが織田信長の残虐性を強く非難したことから、信長の評価が低くなりました。その後、織田信長は勤王家として称賛されるようになると明治時代には再度認められ、第二次世界大戦後には信長は政策の斬新さから、革命家として評価されるようになりました。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kazuの時事ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました