年越しそばはなぜ食べる?その由来や意味を知って素敵な新年を迎えよう

みなさんはどのように新年を迎えますか。寝てしまって気づいたら新年になっている人、カウントダウンのイベントに出かける人、お仕事中の人など、さまざまな生活スタイルの変化により、
年越しもいろいろな形があると思います。

そんな中、家族が集まって年越しそばを食べ、新年を迎えるご家庭は少なくなってきたのではないでしょうか。我が家は今でも毎年家族みんなで年越しそばを食べて、紅白などのテレビを見ながら新年を迎えます。

この日だけは夜更かしをしても怒られないため、小さい頃から年越しが大好きで、お蕎麦も大好きだったため、大みそかが大好きでした。

でもどうして年越しのときにはお蕎麦を食べるのでしょうか。なぜうどんやそうめんなどではなく、お蕎麦なのでしょうか。考えたことはありますか?

今日はその由来や意味について考えていきましょう。

スポンサーリンク

年越しそばの由来

まず初めに、どうして年越しそばを食べるようになったのか、その由来を見ていきましょう。

年越しそばは日本に古くから伝わる風習とされていて、江戸時代には確率されたと言われています。
そこにはさまざまな願いが込められていて、縁起を担いでいます。

どうしてお蕎麦なのか

ではどうしてお蕎麦なのでしょうか。さまざまな麺類がある中で、お蕎麦が選ばれている理由があります。それはどういった理由から選ばれているのでしょうか。その理由を見ていきましょう。

○そば粉は昔、金銀細工師が散らかった金粉を集めるために使っていました。そこからお金を集めるといわれるようになり、「金運を呼ぶ」縁起物として、新年の金運向上にために食べられるようになりました。

 

○お蕎麦は細く長く伸びるので、「健康長寿」や「家系が長続きするように」などの縁起を担いで食べられています。

またお蕎麦はうどんと違って、栄養が豊富です。ビタミンやミネラルなどが豊富で、必須アミノ酸という、体の中では作ることができない栄養素もたくさん含まれているので、お蕎麦は栄養面においても優れています。

 

○十割そばというそば粉100%のお蕎麦は、つなぎになるものが使われていないため、非常に切れやすく、そこから旧年の厄などを切り捨てて新年を迎える縁起物とされています。

今ではそば粉の割合はさまざま売られていますが、年越しそばに使うお蕎麦はそば粉100%のものを使うほうが縁起がいいですね。

 

○お蕎麦は雨風にさらされても、日光を浴びて元気を取り戻す植物で、そこから「無病息災」の願いが込められてます。

年越しそばには、さまざまな縁起が担がれていて、新年を迎えるにあたり、最適な食べ物ですよね。

お蕎麦と一緒に食べる具材に決まりはないのか

お蕎麦にはたくさんの願いが込められているのがわかって頂けたと思いますが、そのお蕎麦と一緒に食べる具材に意味はあるのでしょうか。具材についてもみていきましょう。

○えびの天ぷら:えびは茹でると腰が曲がるところから、長寿の願いが込めれています。

○ニシン:ニシンは二親(にしん)という語呂から、子宝に恵まれるようにとの願いが込められています。

○たまご:たまごの黄身は金色とされていて、縁起がいい食べ物と言われています。

 

○油揚げ:商売繁盛の神様であるお稲荷さんから、仕事運が上がるようにとの願いが込めれています。

 

など、どれもお蕎麦の具材として定番ですが、新年の縁起物として最適な食べ物ばかりです。
せっかく年越しそばに縁起を担いで食べるのであれば、具材にもこだわり、さらに縁起のいい年越しそばにして、いい新年を迎えましょう。

年越しそばはいつ食べるのか

最後に年越しそばを食べるタイミングについて見ていきましょう。

年越しそばは地域や風習によって、食べるタイミングが決まっているところもありますが、一般的に大みそかの夜に食べられることが多いです。

その理由としては、先ほど確認した年越しそばの意味に関係します。旧年の厄などを切り捨てる意味も込められているので、旧年中に悪縁を断ち切り、いい新年を迎えるとされています。

食べる時間帯は家庭によってさまざまあると思いますが、大みそかの昼食時や夕食時などが一般的です。

まとめ

何気なく食べていた年越しそばですが、すごく縁起のいいものだということはわかって頂けたでしょうか。

お蕎麦自体に健康や金運などの願いが込められているだけではく、一緒に食べる具材にもさまざまな縁起物がありましたね。

生活スタイルの変化により、さまざまな新年の迎え方があるとは思いますが、今年は年越しそばを食べ、旧年中の悪縁をたち、気持ち新たに新年を迎えてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました