紅白の裏番組視聴率は2019年も「ガキ使」が1位

ガキの使い! 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時! 完全版SP

1月4日(土)21:00~放送されます。

 

大晦日の夜のお楽しみと言えば、家族でテレビを見ながら年越しそばを食べること!というお宅も多いのではないでしょうか?

皆さんのお宅は紅白派?それとも民放派ですか?

2019年のNHK紅白歌合戦の視聴率は、第2部が37.3%で、第1部が34.7%という結果だったそうです。

2018年が41.5%だったので、4.2ポイントも下がったことになります。

2019年の視聴率は紅白が2部制になってからのワースト1位となってしまったそうで、
去年の大晦日は視聴者が民放に流れたようですね。

私は、「ガキの使い」をビデオに撮り、紅白を見ましたが、2019年の話題の人が審査員で出演
していたりして、面白かったですけどね。

民放テレビが頑張ったということでしょうか。

スポンサーリンク

民放テレビの視聴率は?

民放の大晦日視聴率1位は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!
大晦日スペシャル 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時」で、14.6%という結果に。

 

2位は「ザワつく!大晦日、一茂良純ちさ子の会2019日本の迷惑問題を全部ぶった斬る」が第2位となりました。

「ガキの使い」は2018年が12.8%で2019年が14.6%ですから、1.8%上がったことになります。

テレ朝の「ザワつく!大晦日、一茂良純ちさ子の会」は2018年は「よゐこの無人島0円生活」を放送しており、視聴率は5.0%。

2019年になって、「一茂良純ちさ子の会」に変えてから8.2%となり、3.2%も視聴率がアップした結果となりました。

民放テレビが視聴者の興味をそそる番組を製作したことで、必然的に「紅白歌合戦」の視聴率が下がるという結果を招いたようです。

2019年は「ガキ使」もマンネリ打破

2019年の「ガキの使い大晦日スペシャル」は、面白かったと、かなり評判が高かったようです。

例年の「ガキの使い」は年を追うごとにマンネリが感じられ、目新しさといえば、大物俳優・女優が出てきてネタをやることに驚く・・という流れになっていたと思います。

しかし、2019年はしょっぱなから驚き、そして笑い、視聴者の心を掴んだような気がします。

最初に登場したのは、草彅剛さん。
アダルトビデオの監督・男優・カメラマンでもある、村西とおるさんを模したブリーフ一丁で登場してきたので、視聴者はかなり驚いたと思います。

草彅剛さん、香取慎吾さん、稲垣吾郎さんの三人は、SMAPの解散後、ジャニーズ事務所からの圧力により、テレビ出演ができなかったようですね。

「ガキ使」では、この後、香取さんも稲垣さんも、笑いの刺客として出演されています。

久々の三人そろっての地上波出演が、「ガキの使い」の笑いの刺客。
しかも、裸や、パンツ丸見えなど、体を張った演出に大笑いさせていただきました。

そして、この人も出るの?と驚いたのが、天海祐希さんです。

2005年に大人気だったドラマ「女王の教室」のパロディで、天海さん自身の当たり役だった阿久津真矢役を、見ごたえある台詞回しで熱演されました。

天海さんが、月亭方正さんやココリコ遠藤さんに無茶ぶりをして、その対応の面白さに、天海さん自身が笑いをこらえられずに後ろを向いて吹き出してしまっているところも、最高に面白かったです。

そして、やってくれたな~さすが吉本!転んでもただでは起きないよね~と大笑いしたのが、
「吉本の闇営業問題」のパロディです。

朝の番組「スッキリ」での加藤浩次vs吉本興業上層部の問題を加藤浩次自身が出てきて、笑いに変えていました。

加藤浩次

吉本興業の闇営業問題を学校のアルバイト発覚問題に置き換えて再現。

宮迫博之さんと田村亮さんの会見を、朝の番組でコメンテーターとして出演されている、モーリー・ロバートソンさんと、ロバート・キャンベルさんが学生として再現されていて、そこも大笑いとなました。

加藤浩次さんは、闇営業問題の時に言っていた言葉を学校に置き換えて、

「校長って学校のトップなんです。
トップが責任を取れない学校って、ちゃんと機能してるって言えるのかな?」と、そのまんま使ってたのが、さすが吉本!これも笑いにするか・・・と感心してしまいました。

そして、最後には松本さんや浜田さんも、みんな揃って「明日があるさ」の替え歌を歌ってパロディ終了。

加藤浩次さんが吹き出しもせず、真顔でやり切っていたのも面白かったです。

そして、今年の「ガキ使」がマンネリでないと感じたのは、

・校庭での鬼ごっこ
・芸人が集まっての暴露大会
・驚いてはいけないシリーズ

などの、いつものパターンが無かった点が大きいと思います。
毎年同じだと、見ている方は「またか・・」ってなっちゃいますもんね。

あと、番組の収録中に骨折をされた佐野史郎さんの場面がカットされていて、見ることができなかったのは少し残念でした。

佐野さんの吹っ切れた演技が見たかったです。

ちなみに佐野さんの出演シーンは、4日に放送される「完全版SP」で見ることができるようですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
皆さんは紅白を見ましたか?それとも民放の番組を見られましたか?

「ガキの使い大晦日スペシャル」は、10年連続で
紅白歌合戦の裏番組として、民放での1位を獲得している、人気番組です。

その年にあった、いろんなことをパロディにして、笑いに変えていく、そんな番組なんですが、

その中でも、
毎年のレギュラーである、ダウンタウンの二人と、月亭方正さん、ココリコのお二人のフリートークやケツバットを避けるための足の引っ張り合いなども、見どころとなっています。

お笑い番組とはいえ、俳優さんたちが長いセリフをかまずに覚えていて、さすがだなぁと感心させられたり、なんだかんだ笑えるんです。

年末の笑い収めとして、一年の嫌なことを吹き飛ばすためにも「ガキの使い」を見て家族で大笑いするのもまた、年の瀬の一つの過ごし方なのかもしれません。

最後に一つ、草彅さん・香取さん・稲垣さんの「新しい地図」のみなさんには、2020年は地上波でたくさんの番組に出てほしいと思います。

この三人は、私が今年大いに応援したいと思っている方たちなんです!
みなさんも応援してあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました