堀ちえみ、舌がん手術後生声でテレビ出演!

2019年2月に口腔がん(舌がん)の手術を受けて、その後リハビリを
頑張っていた堀ちえみさんが、7日放送の「徹子の部屋」に出演され、
テレビ復帰を果たされました。

堀さんはステージ4の舌がんを告知されたとき、最初は手術や積極的な治療はせず、痛みを和らげるだけでいい、お迎えが来たらそのまま人生を終わらせてもいい、と考えたそうです。

しかし、堀さんの次女が「お母さんは今まで辛い病気をたくさん乗り越えてきて、これから一緒に楽しく過ごしたかったのに。

まだ若いお母さんの命がなくなるなんて、悲しすぎる」と泣かれたそうです。

そうですよね。
まだ高校生のお嬢さんですから、もっとお母さんと一緒にいたいですよね。

この言葉で、堀さんは手術を決意。
娘さんのためにも生きなければと、決心したそうです。

今では、時々つっかえることもありますが、リハビリの成果で、ゆっくりですが聞き取りやすい発音でしゃべることができるようになられました。

番組の冒頭から、涙涙のテレビ復帰でしたが、今はとても幸せそうです。

今回の記事は、堀さんの舌がんの大手術からしゃべれるようになるまでの道のりや家族のこと、舌がんについても少し解説したいと思います。

スポンサーリンク

舌がんとは?

舌がんは、堀さんも最初、口内炎だと思っていたように、舌にしこりができたり、ただれたりして、違和感を感じる症状があります。

口内炎に似ていますよね。

そしてがんが進行すると、痛みや出血があったりするとのこと。

堀さんはとても痛くて、食事も満足にできなかった、とおっしゃっていたので、かなり進行していた状態だったのだと思います。

一般的に舌がんの原因と言われているのは、喫煙と飲酒だそうです。

堀さんの場合は、昔はヘビースモーカーだったそうですが、
リウマチになってしまったことをきっかけに禁煙されたそうです。

お酒も最近まで飲んでいたけれど、体が受け付けなくなって
こちらも止められたそう。

これらが、がんと関係があったかどうかは、わかりませんが・・・
あまり健康的な生活ではなかったようです。

舌がんの予防方法としては、禁煙と、ほどほどの飲酒、バランスの取れた食生活、適度な運動だそうです。

舌がんには、定められた検診はないそうなので、気になる症状が出たときは、早めに医療機関を受診するのがいいと思います。

大手術からしゃべれるようになるまでの道のり

堀さんの舌がんの手術は11時間にも及ぶ大手術で、舌の6割を切除し、切除部分に大腿部の組織を移植するという再建も行いました。

また、首のリンパ節にがんが転移していたので、そちらも取り除いたそうです。

手術直後は、激しい痛みと辛さに心が折れそうになったと、ブログに綴られています。

また、リンパを切ったことによって、手術後は顔が腫れていて、しかも大腿部の組織を舌に移植したことで、舌が大きくなって口も閉じることができず、凄い姿になっている自分にショックを受けたそうです。

それでも、懸命にリハビリをする堀さんの姿が、テレビで紹介されていました。

手術後19日目のその姿は、直後は声も出なかったというのに、発声もできていて、言葉も聞きとれるようにまでなられていました。

舌から血が出るほどリハビリを頑張ったとおっしゃっていましたが、その頑張りが手に取るようにわかりました。

他にも大変なことはあるそうです。
舌はしゃべる時にだけ使うものではなく、食事の時に、口に入れたものを舌でまとめて、嚥下をスムーズにする働きがあります。

しかし、移植した舌には神経や筋肉の機能が無いので、動かすのが
非常に難しいのです。

残した部分の舌を動かして、移植した部分も一緒に動かすリハビリが
必要となります。

本当に大変な訓練をして、堀さんの今があるのだと感じました。

堀ちえみ、リハビリ振り返り涙…術後初のTVインタビュー「舌から血が出るんじゃないか」

堀さんのご家族が一致団結!

堀さんにはお子さんが7人いらっしゃいます。
一番上のお子さんが29歳、一番下が17歳だそうです。

一番下と、下から二番目のお子さんは、まだ堀さんと一緒に暮らしているので、入院時、家事が全くできなかったのだそう。

そこで、堀さんがゆっくり静養できるように、上の自立できているお子さんが、その二人に家事を教え込んだのだそうです。

すると、二週間くらいで、炊事・洗濯・掃除・洗い物など、すべてマスターするまで成長されたのだそうですよ。

子供同士が協力して、お母さんの闘病を支えてくれたんですね。
頼りになる子供たちで、頑張って育てた甲斐がありましたね。

子供たちがいることが、堀さんのリハビリへの励みになるのでしょうから、これからもお母さんを支えてあげてほしいと、心から思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

テレビを見て、堀さんが上手にしゃべれていて、しかもとても元気そうだったので、安心しました。

同じように、がんと闘っている人やそのご家族が見たら、この上もなく励まされるのではないかと思います。

2年後はデビュー40周年を迎えるのだそうです。
「その時にはライブができるように、リハビリをもっと頑張りたい」とおっしゃっていました。

今の堀さんを見ると、その目標も叶うのではないかと思うほど、堀さんは頑張っていらっしゃいます。

黒柳徹子さんが、番組の最後に、「今日はあえて本当に良かった!」とおっしゃっていたのですが、この番組を見た人はみんなそう感じたと思います。

私も堀ちえみさんの頑張りに勇気をもらいました。
これからも、無理のない程度に、元気な姿でテレビに出てほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました