島田紳助、9年ぶりに動画に登場!トーク冴えわたる

スポンサーリンク

1月13日、あの島田紳助さんが、2011年に引退して以来、約9年ぶりに映像でファンの前に姿を現しました。

その映像とは、歌手のmisonoさんが発信するyoutube「misonoチャンネル」です。

【神回】misonoの為に!?島田紳助さんが特別に出演して下さいました…〜復帰ではありません〜前編【ヘキサゴン】

 

紳助さんは、misonoさんと、タレントの山田親太朗さんの3人で、大阪にあるバーでお酒を飲み、その際に動画の撮影を行ったそうです。

紳助さんのトークは相変わらず、キレッキレ!とても楽しい動画になっています。

きっかけは、misonoさんと夫のNosukeさんが、友人の山田親太朗さんがいるバーに行ったところ、紳助さんがいたとのこと。

一緒に飲んで店を出ようとしたところ、紳助さんが「3人でyoutube撮ろうぜ」と。

紳助さんはmisonoさんに「ノーカットで流していいから」「誰かに何か言われても、俺が全部責任取るから」との言葉をかけたとのこと。

なので、misonoさんは、そのまま動画をアップしたそうです。

ちなみに紳助さんは芸能界復帰の意思は全くないとのこと。
misonoさんの動画にもノーギャラでの出演だそうですよ。

ということで、今回の記事では、島田紳助さんのプロフィールや、引退のきっかけ、動画の内容についてなどを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

島田紳助さんのプロフィール

島田紳助さんは、1956年生まれの現在63歳。
漫才師、お笑いタレントでもあり、司会や作詞家、プロデューサーとして2011年の芸能界引退まで活躍されていました。

紳助さんは学生時代、素行が良くなく、中学生時代は学校の窓ガラスを割ったり、盗品などを教室で売りさばいたりしていたそうです。

素行の悪さは高校に行っても収まらず、車上荒らしをして補導されたこともあるのだとか。

なかなかの不良少年だったようですよ。

大学にいったん入学するも、大学で得られるものはないと感じ、島田洋之介さんに弟子入りしました。

それからは、漫才ブームに乗って、ツッパリ漫才の紳助・竜介として人気が爆発。
しかし、その後「サブロー・シローやダウンタウンには勝てない」と言って1985年にコンビを解散。

それ以降は「クイズ!ヘキサゴンII」や「人生が変わる1分間の深イイ話」「開運!なんでも鑑定団」をはじめ多くの番組で司会を務め、2010年にはORICON STYLEの「好きな司会者ランキング」1位に輝いています。

他にも、紳助さんはプロデュース業にも進出しており、「クイズ!ヘキサゴンII」の番組出演者から、Paboや羞恥心といったユニットをプロデュースしています。

引退のきっかけ

紳助さんは2011年に暴力団関係者との交際を理由に芸能界を引退しています。

引退については、紳助さんと暴力団関係者との交際が明るみに出たことに対して、けじめをつけるため。
誰かに引退を促されたのではなく、自分の意思で引退すると、会見で発表されました。

暴力団関係者とは、頻繁に密着していたわけではないので、紳助さんの中ではセーフと思っていたけれど、芸能界の中でのルールではアウトだった。とも語っています。

また、引退後のインタビューでは、「引退は前々から自分の中で考えていたこと。
暴力団関係者との交際発覚は、一つのきっかけとなっただけ」とおっしゃっています。

動画で語られたこと

今回のmisonoさんのyoutubeのなかで、今紳助さんは楽しく暮らしているとおっしゃっています。

日々、釣りに行ったり、ゴルフを楽しんだり、筋トレをして昔よりいい体になったと。

トークについては、引退していることを全く感じさせないような、軽快な口調で、山田親太朗さんの話にオチが無いと突っ込んだり、
misonoさんと親太朗さんのトークがヘタすぎるとダメ出ししたりされています。

紳助さんは自身が司会をしていた「クイズ!ヘキサゴンII」の出演者をヘキサゴンファミリーとおっしゃっていて、とても可愛がっていらっしゃいます。

それは動画の中でもひしひしと感じられました。
ヘキサゴンをやっていた時代が、芸能生活の中でも一番幸せな時代だったそうです。

ヘキサゴンの中では自分は校長先生のような気持ちで、出演者みんなが仲良くやってほしいと気を配っていたのだそうです。

だから、出演女性タレントさんにも下心は一切なかったと!笑

そしてヘキサゴンの裏側として、出演者を探すのが大変だったともおっしゃっていました。

出演者は珍回答をしますが、「本物のアホではダメだと。アホで間違えた答えに、誰よりも面白い理由づけができる人を探していた」のだそうです。

でも、オーディションを繰り返しても、素晴らしい厳選されたアホがなかなかいなかったんだそうですよ。

私たち視聴者は、おバカタレントの珍回答を見て大笑いしていましたが、その裏には紳助さんたちの番組制作に対する大きな努力があったみたいです。

そして、大晦日に離婚を発表したフジモンさんのことも、応援していらっしゃいましたよ。

今回の動画にはまだ続きがあって、後日後編もアップされるそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

久しぶりに見た紳助さんは、とても元気そうで、63歳とのことですが、もっと若く感じました。

今の生活が充実しているのでしょうね。

紳助さんのトークは、相変わらず面白くて、キレッキレでした。
プロデューサーとしても素晴らしく、M1グランプリを企画したのも島田紳助さんなんだそうですよ。

そう思うと、引退されたのがすごくもったいないなーと思います。

13日にアップされたyoutubeの動画を見て、紳助さんのトークをもっと聞きたいと強く思いました。
はい、私は紳助さんに復帰してほしいと思う一人です!
復帰を願っています。

追記:2020年02月10日

前回の動画の後編がmisono chにUPされました。

【神回】アップするのをやめてましたが…島田紳助さんのファンの為にやっぱり公開します。〜音量注意〜後編【ヘキサゴン】

 

芸能人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kazuの時事ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました