バド・桃田賢斗選手、今回も苦境をはね返して頑張れ!

スポンサーリンク
桃田賢斗スポーツ
出典:YouTube

マレーシアの遠征中に起こった交通事故で、怪我を負った桃田賢斗選手が15日に帰国しました。

マレーシアから帰国した桃田賢斗選手、眉間に大きな傷、報道陣に無言

夕方の便で成田空港に到着した桃田選手は、サングラスと大きなマスク、帽子で傷を隠すような、いで立ちでしたが、眉間の傷は痛々しく映りました。

足取りについては、とてもしっかりしていた様子でした。到着後は病院でMRIなどの精密検査を受け、しっかり治療に専念するとのことです。

バドミントン日本代表の朴柱奉(パク・ジュボン)監督の話では、桃田選手は治療の経過にもよるが、心身ともに安定していけば、3月の全英オープンでの復帰を目指すとのことです。

到着した成田空港には、ファンなど多くの人が出迎えましたが、メディアへの対応は行いませんでした。

今回は、桃田選手にとっては思いもかけない不慮の事故でした。
東京五輪がもうすぐ目の前にある時期での事故ですから、桃田選手自身のショックは大きいと思います。

しかし、今までも桃田選手は何度か苦境に立たされてきましたが、それらを跳ねのけて、現在バドミントンの男子世界ランク1位に立っています。今回も絶対に乗り越えてほしいです。

この記事では、そんな桃田選手の今までの頑張りなどを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

桃田選手の怪我の様子は?

今回の事故というのは、桃田選手がマレーシア・マスターズに出場し、男子シングルスで優勝。

その後の13日未明にクアラルンプール空港に向かう高速道路を走行中に大型トラックに衝突したようです。

運転手の男性は死亡という大きな事故でした。

桃田選手は全身打撲、顎部裂傷、眉間部裂傷、唇裂傷。
当初報道されていた鼻の骨折は無かったようです。

同行していた平山優サポートコーチは、全身打撲、歯の損傷、右脛の裂傷で足を引きずっての帰国。

森本哲史トレーナーは全身打撲、右腕骨折、脳しんとうの怪我を負いました。

桃田選手はワゴン車の2列目に乗車していたとのこと。
運転席のある1列目は完全に潰れるほどの大事故だったので、怪我を負ったものの、まだ不幸中の幸いだったのではないかと思います。

桃田選手のプロフィール

桃田選手は1994年9月1日生まれの現在25歳です。
バドミントンは小学校1年生の時に始めました。

練習するとメキメキ上達し、6年生の時には全国小学生選手権シングルスで優勝しています。

中学はバドミントンが強い福島県富岡町の富岡一中に進学しました。
そして福島県立富岡高校1年生の時に東日本大震災が起こります。

桃田選手はインドネシアに武者修行に行っていたので、被害の大きさをテレビで
知ることとなります。

福島第1原発の事故の影響で体育館が使えず、練習は福島県猪苗代町に変わります。
当時はその練習場所だった体育館も避難所となっていたので、利用できる時間も限られた状態。

そんな中でも3年生時に日本人初、世界ジュニア選手権で優勝しました。
みごと、苦境をはね返したんです。

高校卒業後はNTT東日本に入社しました。
2015年には、日本人勢で初めてとなる世界選手権での銅メダルを獲得しました。

違法賭博問題でリオ五輪に出場できず

順調に階段を上り、リオ五輪でのメダル候補と言われていた中、2016年の4月にNTT東日本の同僚と、違法カジノ店で賭博をしていたことが発覚。

遠征先のマレーシアから急遽帰国して、記者会見を開き、謝罪しました。日本バドミントン協会からは、無期限の試合出場停止処分を言い渡されます。

この時、桃田選手は世界ランキング4位だったので、オリンピック代表入りは確実と言われていただけに、日本中が驚きました。

本人も後日談として、「あの頃の自分は、他人への配慮ができなかったし、人としてダメだった」と、カジノ賭博時代を語っています。

しかし桃田選手は1年間の謹慎期間に、一つ一つの練習を無駄にせず、バドミントン以外のことでも成長したと語っています。

その言葉通り、復帰後は目を見張る活躍をしました。
世界選手権で日本男子初の金メダルを獲得。

男子シングルスの世界ランキングでは日本人初の1位となりました。
2019年の世界選手権でも優勝し、二連覇を達成。

東京五輪では金メダル最有力候補と言われていました。

まさに苦境をはね返して、以前よりも大きく輝いたんですね。

今回の事故は、オリンピックでの金メダル獲得の期待が高まる中で起こった事故です。

事故後には、「バドミントンはまだできますか?」と聞いたといいますから、怪我に対して焦っているのかもしれません。

まずは焦らないで、怪我を回復してほしいと思います。
桃田選手の心身面のサポートを、協会やオリンピック委員会は頑張ってほしいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
桃田選手の今回の交通事故の報道を聞いたときは本当に驚きました。

オリンピックは出れるの?と私もすぐに考えたので、本人にとっては、今とても焦っているのではないかと思います。

しかし、桃田選手は自分で蒔いた種とはいえ、あの賭博問題から、世界ランク1位にまで上りつめた実力があります。

しかも、とても強いメンタルの持ち主だと思います。そしてとても努力家なのでしょう。

桃田選手なら、ここからまた這い上がれる人だと思うので、日本中のみんなで応援しようではありませんか。

頑張れ!桃田選手!心から応援します。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kazuの時事ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました