韓流映画・「ビューティー・インサイド」は1役を123人が演じた?

ビューティー・インサイド映画
画像引用元 URL:https://abema.tv/channels/asia-drama-2/slots/F9PEoWH1MoC3jV

心を奪われる最高に特別な新しい恋。

2015年カンヌ国際映画祭のマーケットで出品され、即座に世界11か国での先行販売が決定した話題作。世界のバイヤーたちから熱烈な評価を得ました。

ヒロインを演じるハン・ヒョジュを始め、パク・ソジュンやパク・シネなどの韓国を代表する俳優陣も多数出演。また、日本からは上野樹里も参加しかなり豪華な顔ぶれに!

総勢123人の俳優が演じた、寝て起きるたびに姿の変わる主人公は必見です。

次はどんな顔に変身し、誰が演じるのかという期待にどんどん惹きこまれていくこと間違いナシですよ。

そして何より、ヒロインとの恋が辿り着く“特別な結末”――――。

最後の最後まで展開が予想できないファンタジーロマンス映画をご紹介します!!

映画『ビューティー・インサイド』日本オリジナル予告編
スポンサーリンク

あらすじ

“家具デザイナーのウジンは18歳のときから目覚めると心以外の姿、性別、国籍等の全てが変わるようになってしまった。

男、女、老人、子ども、外国人…。人に会う仕事ができないため、才能とインターネットを活かして活躍している。

そんな彼の “病気”のことを知っているのは母と親友だけ。ある日、アンティーク家具店で働く美しいイスに出会い、一目で恋に落ちてしまう。

彼女に会いたい一心で、毎日初めてきた客のようにお店に通う日々。彼女に告白する“見た目”になる日を待って、ついにデートに誘い、ふたりはロマンティックな3日間を過ごす。

しかし、同じ姿でいるため3日間徹夜をしたウジンは、うっかり電車で寝てしまい起きると全く別の顔に・・・。

ウジンはイスに真実を話すことができるのか?イスは、毎日姿が変わるウジンの愛を受け止めることはできるのか?

最高に特別な恋が今はじまる!”

                                                                 引用元:https://gaga.ne.jp/beautyinside/index.html

キャスト

ホン・イス役(ハン・ヒョジュ)

ホン・イス役(ハン・ヒョジュ)

画像引用元 URL:https://gaga.ne.jp/beautyinside/index.html

アンティーク家具専門店“ママスタジオ”で働くヒロイン。

ハン・ヒョジュさんは「華麗なる遺産」や「トンイ」などに出演しているので有名ですよね。綺麗な容姿と魅力をまとった演技で多数のファンを獲得している女優さんです。

主な出演作:『ただ君だけ』、『天国への郵便配達人』、『王になった男』、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』、『セシボン』、「イルジメ」

サンベク役(イ・ドンフィ)

サンベク役(イ・ドンフィ)

画像引用元 URL:https://gaga.ne.jp/beautyinside/index.html

ウジンの秘密を知り、ずっと見守ってくれている唯一の友達。

今作でも友達役を演じているイ・ドンフィさんですが、注目されるきっかけとなった作品『家へ帰る道』でも友人の役を演じていたんです。優しい顔立ちと醸し出される人柄の良さが自然な演技に上手く嵌っています。

主な出演作:『タチャ 神の手』、『マルティニークからの祈り』、『監視者たち』、「朝鮮ガンマン」、「離婚弁護士は恋愛中」、「応答せよ1988」

キム・ウジン役

キム・ウジン役を務めた俳優達

画像引用元 URL:https://gaga.ne.jp/beautyinside/index.html

目覚める度に姿が変わる主人公。

姿・形だけでなく、声や性別から言語まですべてが変身してしまうという設定の為、演じたのは総勢123人という異例の大人数に。

パク・シネやパク・ソジュン、上野樹里など豪華なキャストが多数出演しています。

原作

主人公ウジンと恋人イスのツーショット

画像引用元 URL:https://gaga.ne.jp/beautyinside/index.html

本作の原案になったのは、2012年のインテルと東芝が合作したソーシャル・フィルム「The Beauty Inside」という作品。

こちらは「Inside」シリーズという作品の第2弾として作成されたフィルムです。

制作方式が特殊で、facebookでユーザーから送られてきた映像を主人公に使用していたそう!

視聴者にも主人公を演じられるチャンスがあるなんてすごいですよね。

原案はSNSを中心に熱い反響を得て、なんとカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル三冠とクリオ国際広告祭金賞を制覇したほどの人気作。

でも、ウジンとイスそれぞれの家族の物語や2人が辿るその後の物語はオリジナルなので今作でしか楽しめませんよ!

 

主題歌 挿入歌

シチズンズ!(Citizens!)

画像引用元 URL:http://p-vine.jp/artists/citizens

 

『True Romance』 Citizens

The Beauty Inside OST – True Romance Citizens

 

ペク監督

ペク監督

画像引用元 URL:https://gaga.ne.jp/beautyinside/index.html

韓国のCM界を代表するビジュアル・クリエイターとして活躍している監督。

CMだけではなく、MVや広告のデザインと幅広く活躍されています。

斬新な構成と目を奪うような映像美が評価されている方です。

長編デビューとなった今作は、かなり意欲を入れて臨んだそう。

主な作品:『オールド・ボーイ』、『あいつの声』、『スノーピアサー』、『恋愛の目的』、『約束』

見どころ

HPより劇中写真

画像引用元 URL:https://gaga.ne.jp/beautyinside/index.html

史上初!?123人1役のキャスティング

主人公ウジン役に扮したのは、総勢400人余りの俳優の中から選ばれた123人ものキャスト達。

キム・デミョン、 ト・ジハン、ぺ・ソンウ、パク・シネ、イ・ボムス、パク・ソジュン、キム・サンホ、チョン・ウヒ、上野樹里、イ・ジェジュン、キム・ミンジェ、イ・ヒョヌ、チョ・ダルファン、イ・ジヌク、ホン・ダミ、ソ・ガンジュン、キム・ヒウォン、イ・ドンウク、コ・アソン、キム・ジュヒョク、ユ・ヨンソク・・・など名だたる俳優さん達が重要な部分を演じています。

これだけの俳優たちが、たった1つの役のために集結したなんて圧巻ですよね!!

老若男女問わず姿を変える役柄のため、女優のパク・シネやチョン・ウヒらも出演しています。

ウジンの設定のお蔭で、色々なキャストを楽しめるのも映画の見どころですね!

あらゆる芸能事務所の社長が見られる

主人公ウジンの重要な役柄を任されたのは21人。

実は今作では、俳優をキャスティングする際の必須条件として各事務所の社長も出演しているんです。こちらも今までにない演出で面白いですよね。

大部分がモンタージュのウジンとして出演しているので、気になる方は探してみて下さい!

まとめ

最初の印象では「寝て起きるだけで全く違う人になれるなんて羨ましい。」という気持ちでした。しかし、今作は楽しさより苦労の方をメインに描かれていてかなり奥が深い内容になっています。

軽い気持ちで見始めたはずの私は、いつの間にか画面にくぎ付けになっていました。

“容姿が変わる”という設定を聞いたときはカッコイイ姿になって楽しむ内容なのかと思っていたのですが、正反対の「“容姿”より“中身”」という作品で面白かったです。

少し臆病な主人公が体験する切なくも甘いラブストーリーを、一緒に体感できる作品になっていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました