再ブーム到来!固形石鹸が人気に⁉

未分類

固形の石鹸って、昭和の話なんじゃないの?と思っている方、時代に取り残されますよ!

今、固形石鹸がブームになっているんです。

シンプルな固形石鹸の良さに原点回帰してきているようですよ。

近年、固形石鹸の種類が増えてきて、東急ハンズで販売されている固形石鹸の数は、200種類を優に超えているそうです。

昔から固形石鹸といえば「赤箱」と呼ばれている「牛乳石鹸 カウブランド赤箱」が今、若い女性の間で人気再燃、赤箱で洗顔する女性を赤箱女子と呼ばれています。

赤箱女子

https://www.cow-soap.co.jp/corporate-info/press-release/201804-02/

このように、固形石鹸がまたブームとなっているのにはどんな理由があるのでしょうか?

また、固形石鹸のメリット・デメリット、オススメの固形石鹸などを紹介していきたいと思います。

固形石鹸の良さが見直されてきた現在、シャンプーなんかも固形石鹸にしている人が増えています。

今回は固形石鹸について深堀りしていきましょう!

スポンサーリンク

固形石鹸が選ばれている理由

なぜ今、また固形石鹸が人気となっているのでしょうか?

その理由を考えてみました。

洗浄力が高い

固形石鹸の方が液体石鹸よりも純石鹸成分である脂肪酸カリウムの割合が多いので、洗浄力が高いとされています。

純石鹸成分を増やすと、固まりやすくなるので、液体石鹸には多く入れられないのだそうです。

長持ちする

固形石鹸は少量で泡立ちます。

泡立てネットを使用すると、少量でモコモコの泡ができるので、長持ちして経済的です。

個性的でかわいい石鹸がある

見た目が色鮮やかなものや、かわいい固形石鹸が販売されていて、若い女性の間ではインスタグラムにアップする人もいます。

可愛い固形石鹸

https://www.chintai.net/news/2019/01/24/52396/

地球にやさしい

液体石鹸はプラスチックの容器に入れて使いますが、固形石鹸だと紙箱に入って売られているだけなので、資源削減に役立ちます。

紙箱に入った固形石鹸

https://japanese.alibaba.com/product-detail/paper-sleeve-soap-paper-box-60556765490.html

固形石鹸のメリット・デメリット

固形石鹸のメリット

<メリット①>

固形石鹸はすべて弱アルカリ性です。

弱アルカリ性の石鹸を使って洗顔すると、角質を柔らかくすることができるので、古い角質や肌のくすみを取ることができます。

お肌に蓄積してしまった古い角質を、ピーリング剤を使わなくても日々の洗顔で自然に取る

ことができるんです。

<メリット②>

固形石鹸の良さは添加物の少なさにあります。

洗顔フォームなどには泡立ちを高める成分や防腐剤、香料、保湿成分など、たくさんの添加物が配合されています。

実はお肌の汚れはお湯と石鹸で十分に落ちるんですよ。

保湿を足したかったら、洗顔の後のスキンケアで補うことで十分と考えられます。

<メリット③>

固形石鹸は、使いすぎることがないのでコスパがいいんです。

出しすぎることや、こぼすこともなく、必要な分だけ泡立てて使用できるのが固形石鹸のメリットといえます。

溶けにくい洗顔用の固形石鹸だと、1個で2か月以上使えるものもあります。

固形石鹸のデメリット

<デメリット①>

固形石鹸で洗顔すると肌が突っ張った感じがします。

肌は元々弱酸性なのですが、石鹸で洗顔して水で流すと肌が中性から弱アルカリ性に傾きます。

これを肌が弱酸性に戻そうとすることで、肌にツッパリを感じるという仕組みになっています。

洗顔後保湿を行えば、すぐに改善されますよ。

ちなみに洗顔フォームでは肌が突っ張らないのは、界面活性剤によってヌルついているからです。

<デメリット②>

固形石鹸の場合、泡立てて使いたいときは、泡立てネットや泡立てカップを使わなければ、うまく泡立ちません。

液体の場合には、泡で出てくるタイプのものもあるので、それに比べると手間がかかります。

<デメリット③>

固形石鹸は上手に保管しないと、溶けてヌルヌルしてしまいます。

ポンプでそのまま置いておける液体せっけんに比べると、面倒に感じますね。

このヌルヌル問題を解決するために、珪藻土のソープディッシュやマグネットで吊るすタイプのソープホルダーがあります。

これらを使えば、ヌメらずにすっきり保管できますよ。

他にも、固形石鹸をおろし器ですりおろして、瓶に入れておくという方法もあります。

使う時はスプーンですくってお水を加えて泡立てます。

使い終わったらお風呂から出して、洗面所などに置いておくとふやける心配はありません。

吊るす石鹸ホルダー

https://roomclip.jp/mag/archives/56790

おすすめの固形石鹸

個人的にいいと思うおすすめの固形石鹸を紹介します。

資生堂ホネケーキ(洗顔石鹸)

発売してから30年たっても、いまだに人気の洗顔石鹸がホネケーキです。

成分として、はちみつが配合されているので、honey→ホネケーキと命名されたのだそうです。

昔、お母さんが使っていたのを覚えている、という人も多いのではないでしょうか?

さっぱりとした使い心地なのがルビー。

乾燥気味なお肌の人にはパープル。

優しい使い心地がいい人にはエメラルドがおすすめです。

お手頃価格なのも嬉しいですよね。

お風呂タイムが楽しくなるようないい香りなので、おすすめです。

資生堂ホネケーキ

https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/PDB007853/

水橋保寿堂製薬 いつかの石鹸(洗顔石鹸)

酵素の泡が毛穴の汚れを取ってくれるので、使うと肌が白くなると言われている、いつかの石鹸。

保湿効果があるココナッツオイルが配合されているので、洗い上りがしっとり。

泡立てネットで、硬めの泡を作って、それでパックをすると、肌がワントーン明るくなります。

毛穴が気になる人にオススメの石鹸です。

いつかの石鹸

https://lipscosme.com/products/35064

ペリカン石鹸薬用石鹸forback(背中専用石鹸)

背中ニキビが気になる人におすすめの、背中専用石鹸です。

炭・泥が配合されていて、毛穴に詰まった汚れを吸着して取り除いてくれます。

そしてパパインが、古い角質を除去。

毛穴のつまりをOFFしてくれます。

お肌を殺菌消毒してくれる薬用成分も配合されているので、背中ニキビのない綺麗な背中を作ってくれます。

ペリカン薬用せっけん

https://www.pinterest.jp/pin/801077852461638210/

牛乳石鹸カウブランド赤箱(体・洗顔にも)

牛乳石鹸の定番商品である赤箱は、発売90周年を迎えます。

固形石鹸といえば、一番に思い浮かべるのは、この赤箱ではないでしょうか?

最近はこの赤箱で洗顔をする女性が多いのだそうで、そういう女性を「赤箱女子」と呼ばれています。

牛乳石鹸では赤箱が洗顔に使えると、大々的にプロモーションしていないそうなので、女性の間で使用方法が自然発生したんですね。

赤箱の洗顔としての使用感は、洗顔後の肌が突っ張らないし、すべすべとします。

余計なものを配合していないので安心感もありますね。

一箱100円前後で買えるのも嬉しいですね。

コスパが最高だと思います。

牛乳石鹸赤箱

https://kore-kara.com/gyuu-nyuu/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

余分なものが配合されていない固形石鹸が、また見直されています。

固形石鹸には、牛乳石鹸のように誰にでも合う成分で作られているロングセラーな商品がたくさんあります。

肌のトラブルで悩んでいる人は、一度そういった基本の石鹸を使ってみるのもいいかもしれませんよ。

液体石鹸やボディソープはとても便利ですが、今一度、環境に優しい固形石鹸を見直してみるのもいいのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました