前田敦子、出産後初のドラマ主演をチーム育児で頑張る!

芸能人

2018年に俳優、勝地涼さんと結婚し、19年3月に第1子男の子を出産した前田敦子さんが、NHK総合で2月1日からスタートする連続ドラマ「伝説のお母さん」で魔法使い役で主演されます。

原作はかねもとさん作の漫画で、魔王を封印した伝説の勇者一行の一員であるメイ(前田敦子)が結婚出産し、育児と世界平和の両立のために奮闘するお話です。

前田さん自身、お子さんを出産後、2か月ちょっとで仕事に復帰されています。

仕事と子育ての両立の大変さは身をもって感じていらっしゃるはず。

前田さんも今だからこそ挑戦したい役柄だとおっしゃっています。

前田敦子さんの演技がまたドラマで見られるのは、とても嬉しいことですね。

前田敦子・伝説のお母さん

https://ameblo.jp/netdes/entry-12563312335.html

スポンサーリンク

前田敦子さんプロフィール

前田さんは1991年7月10日生まれの28歳です。

2005年より皆さんご存知のAKB48のメンバーとして活躍。

第1回と第3回の選抜総選挙では1位に輝き、絶対的エースと呼ばれていました。

AKB時代の前田敦子

2011年には映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で初主演。

ソロ歌手としても、シングル「Flower」でデビューしています。

【MV】 Flower / 前田敦子

そして2012年にAKB48を卒業。

以降女優として活躍されています。

私生活では、2018年に俳優勝地涼さんと結婚。

2019年3月には男の子を出産し、1児のママとなりました。

前田敦子・勝地涼

https://a-sounanda.com/maeda-atuko-katuji-ryou

5月には、ドキュメンタリー番組のナレーションとして、仕事に復帰されています。

私は、前田さんは結婚し子供を産んだら家庭に入りたいタイプなのかと勝手に想像していたので、復帰のニュースを見て少し驚きました。

ドラマ「伝説のお母さん」あらすじ

今回、前田敦子さん主演で2月からスタートする「伝説のお母さん」のあらすじをご紹介します。

「伝説のお母さん」はTwitterでも話題になったマンガです。

伝説のお母さんマンガ

かつて悪の力で世界を支配しようとしていた魔王を討伐した勇者たちがいました。

その勇者の一人が前田敦子さん演じるメイという魔法使いです。

世界に平和が戻った後、メイは普通の男性と結婚して、専業主婦となり子供もできました。

しかしある日、封印が解かれて魔王が復活してしまいます。

国王は再び魔王の討伐を伝説の勇者たちに命令し、メイも召集されるのですが、ワンオペ育児に奔走しているメイはなかなか魔王討伐の冒険に出られません。

はたして、メイは育児と冒険を両立できるのでしょうか?

「伝説のお母さん」では、現代の働く女性が子育てと仕事の両立を実現するためにぶつかる、色々な壁を面白く、そしてリアルに描かれています。

メイの旦那さんは、育児は母親がやるものと思っている古い考えの夫。

メイの苦労が想像できますね。

同じ勇者の中には、奥さんが2人目妊娠中の者もいて、1人目の時に育休を申請して却下されたという者もいます。

そんな時に魔王が城の中に保育所を作って、産休育休取得率100%だという情報が入り、

魔王側に寝返ってしまう勇者も出てくる始末。

メイは育児と冒険を両立するために、数々の苦難に立ち向かいながら、夫の考えや国の政策をも変えていくというお話です。

どうですか?読んでいるだけでも面白そうと思ったのではないでしょうか?

ドラマ「伝説のお母さん」キャスト

メイ=前田敦子さん

前田敦子画像

https://eiga.com/person/83194/

前田さんは2011年に映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で日本アカデミー賞話題賞や日本映画批判化大賞新人賞を受賞。

映画「苦役列車」ではTAMA映画賞最優秀新進女優賞、日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞を受賞するなど、元アイドルとは思えない存在感がある演技を見せてくれています。

今回のドラマでは、自分の今の状況と重なる、働く母という役どころをどのように演じてくれるのか、とても楽しみです。

魔王=大地真央さん

大地真央画像

https://kashiwanet.com/archives/3587

メイたちが戦いを挑む魔王役は、あの大地真央さんです。

迫力がある魔王を演じてくれると、期待が膨らみます。

魔王の口癖は「人間は複雑怪奇だ」「愚かな人間ども」などなんですよ。

大地さんは皆さんもご存知の通り、元宝塚歌劇団月組の男役トップスターでした。

1985年に宝塚を退団されてからは、ミュージカルの舞台やドラマ、CMで活躍されています。

国王=大倉孝二さん

大倉孝二画像

http://www.cubeinc.co.jp/members/prf/007.html

メイたちの国の国王役は俳優大倉孝二さんです。

ラグビー世界大会を自分の国に招致するのが夢というおもしろい国王の役です。

残念ながら、子育てに対する政策には関心がない様子。

大倉さんはまた、コミカルな演技をされるのでしょうか?とても楽しみです。

他にもメイの夫役に玉置玲央さん、盗賊役にMEGUMIさんなどが出演されています。

お母さんも交えてのチーム育児で撮影に挑む

前田敦子さんは仕事に復帰するにあたり、実家の近くに引っ越しをして、お母さんも交えての「チーム育児」を実践しているのだそうです。

育児と仕事の両立が大変だろうということで、ご主人の勝地涼さんが、ご実家の近くへの

引っ越しを提案してくれたのだそうです。

なんと、優しいご主人!

<チーム育児とは?>

夫婦が中心になって、いろいろな人達やシステムを巻き込んで、サポートを得ながら子供を育てていくことを言います。

保育園やベビーシッター、ご両親に育児を手伝ってもらったりして集団で子育てをしようと

いうものです。

多様なコミュニティで育てられた方が、子どもの発達のも良い影響を与えるのだそうですよ。

チーム育児図

前田さんの場合は、お母さんが加わってチーム育児を実践されているのですが、そのお母さんも、新しい育児グッズなどを見ては感心したりして、孫のお世話を楽しんでいらっしゃるようです。

一方前田さんのほうも、子育てのみをやっていると、自分を追い詰めてしまいそうに感じたのだそう。

別々の時間を持つ方が、子どものためにもいいと感じたので、外に出て仕事をしたいと思ったとおっしゃっています。

最初は子供を預けるのが不安だったけれど、実際に預けてみると、全く問題が無かったそう。

それからは、素直に家族の力を借りようと思ったのだそうです。

少し前は、「イクメン」という言葉がはやりましたが、今はチームで育児をする時代なんですね。

みんなで子育てをすることで、家族で一緒に過ごす時間や自分のための時間を確保することが出来ますね。

育児を楽しいと思えると、少子化対策にもつながりますし、「チーム育児」を当たり前に

みんながやってほしいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

前田敦子さんの新しいドラマが楽しみですね。

放送は2020年2月1日土曜日、夜11時30分からスタートです。

育児雑誌「ひよこクラブ」でも、2月号から4月号まで「前田敦子さんのチーム育児」の記事が連載されるそうです。

出産後も貪欲に仕事をこなされる前田さんは、働くママのお手本になると思います。

共働きが多い現代の夫婦にとって、新しい子育ての形をどんどん発信していってもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました