元広島の北別府学氏が白血病を公表!成人T細胞白血病とは?

スポンサーリンク
未分類

広島カープの元エースである北別府学氏(62)が、「成人T細胞白血病」であること発表しました。

北別府学

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000090-dal-base

成人T細胞白血病とは一体どういった病気なのでしょうか。

2年前に判明していたそうで、昨年数値が悪化したことにより、入院して治療を開始することになったそうです。

今回は聞き慣れない「成人T細胞白血病」という病気について、まとめたいと思います。

スポンサーリンク

北別府学氏の活躍について

まずは北別府学氏について、少しまとめてみました。

略歴ですが、見てみてください。すごい方なのがわかりますよ。

野球道具

https://toyokeizai.net/articles/-/259939

  • 1957年生まれ 鹿児島県出身
  • 宮崎県立都城農業高等学校で1年生の頃からエースとして活躍
  • 1975年 ドラフト1位で広島東洋カープに入団、プロ入りを果たす
  • 入団1年目から一軍で活躍
  • 1978年~1988年まで11年連続二ケタ勝利を果たし、チームにリーグ優勝にも大きく貢献する
  • 1982年 最多勝と沢村賞を獲得
  • 1986年 最多勝、最優秀防御率、最高勝率、MVP、沢村賞を獲得
  • 1989年、1990年 二年連続一ケタ勝利の終わる
  • 1991年 最高勝率を獲得し、チームのリーグ優勝に貢献
  • 1992年 球団史上初の200勝を達成し、広島初の1億円プレーヤーになる
  • 1994年 現役引退を表明
  • 引退後は野球解説者に就任
  • 2001年~2004年 広島の投手コーチを務める
  • 2012年 野球殿堂に競技者表彰にて選出
  • 趣味の家庭菜園に関するコラムを連載したり、YouTuberとして活動するなど、多岐にわたり活躍している

野球での功績はもちろんすごいですが、最近は家庭菜園やYouTuberとしての活躍などすごく幅広く活躍されていることに驚きました。

野球引退後も精力的に活躍されていることがよくわかりますね。

成人T細胞白血病とは?

成人T細胞白血病とは、あまり聞き慣れない病気ですよね。

普段よく聞く白血病とは、また違った病気なのでしょうか。

成人T細胞白血病とは、どういった病気なのか、詳しく見ていきましょう。

注射器

https://medicalnote.jp/contents/150730-000008-CTPZLL

成人T細胞白血病とは

成人T細胞白血病とは、HTLV-1ウイルスの感染が原因で、白血球の中にあるT細胞にそのウイルスが感染し、癌化した細胞が異常に増殖する病気です。

白血病と病名にはついていますが、一般的な白血病とは少し違いが見られます。

大人のみが発症するため、「成人T細胞白血病」と呼ばれています。

感染経路は母乳による母子感染、輸血、性交による感染ですが、重要な感染経路は母乳による母子感染です。(今は輸血や性交による感染はほとんどありません。)

感染後、必ず発症するとは限らず、全世界で500万人~2000万人、日本でも110万人のキャリア(感染しているものの発症していない人)がいるとされており、そのうちの数%の人が50歳前後に発症するとされています。

成人T細胞白血病ウイルス1型(HTLV―1)感染経路

https://www.asahi.com/articles/SDI201611253261.html

病気に型がさまざまあり、「急性型」「リンパ腫型」「慢性型」「くすぶり型」「急性転化型」に分けられていて、

ぞれぞれの型により、症状も異なります。

日本では九州・沖縄地方を中心にキャリアの方が多く、昔は「風土病」とも考えられていました。

治療方法は?

北別府氏は2年前に成人T細胞白血病と診断されていましたが、昨年11月に数値が上昇したため、入院して抗がん剤治療などを受け、その後骨髄移植を受ける予定であると発表されました。

診断後は、体に不調が出ることもなく、定期検査を受けていたそうですが、今後は治療に専念するとしています。

成人T細胞白血病の治療方法は

病気の型により、治療方法も異なります。

「急性型」「リンパ腫型」「(予後不良のある)慢性型」の3つは、急速に病状が進行するため、すぐさま治療を開始することが大切です。

「(予後不良のない)慢性型」「くすぶり型」の2つは、症状がほとんどない場合は経過観察で様子をみていきます。

治療法の選択

https://ganjoho.jp/public/cancer/ATL/treatment_option.html

しかし観察中に型が変わった場合は、すぐさま治療を開始しないといけません。

母子感染を防げば感染しにくい!

先ほど、3つの感染経路を確認しましたが、重要な感染経路は母乳による母子感染になります。

それは母乳に、ウイルス感染したリンパ球が含まれることにより、それを飲んだ子供が感染してしまうからです。

ごくまれに、分娩時に産道を通ることによってなど、別の感染経路も見られます。

このような母子感染を防ぐために、現在の妊婦検診では、「HTLVー1抗体検査」の項目が追加されています。

血液検査で行えるため、自分がキャリアであるかどうかを事前に確認することが出来ます。

まとめ

あまり聞きなれない病名でしたね。

今は事前にキャリアであるかどうかを確認することが出来るため、母子感染が防げているのかもしれませんね。

感染してもすぐに発症するわけではないので、今症状が出ていなくても、何か体調不良が見られたら、すぐに病院に行きましょう。

北別府氏は今病院で病気と戦っておられます。まだまだ活躍した姿を拝見できるように1日でも早く元気になって頂きたいですね。

⇒⇒⇒野村克也を襲った「虚血性心不全」とは?予防策を紹介!

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kazuの時事ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました