ナイキ厚底シューズ世界陸連禁止見送り!五輪使用可までの経緯は?

スポーツ

マラソンや駅伝などで、選手たちが好記録を連発しているナイキの厚底シューズ。

最近まで使用の不可について議論されていましたね。

さまざまな情報が飛び交い、なんだか落ち着かない状況でした。

現在、技術を進歩させた商品が記録を伸ばしていることに間違いはありません。

私も選手の才能や努力以外に、メーカーの開発力が記録に影響あると感じていました。

しかし商品自体の力をどこまで取り入れて良いのかという疑問も。

そこで厚底シューズ問題の経緯が気になり、まとめてみました。

厚底シューズに興味がなかった方も、大会の見方が少し変わると思いますよ♪

スポンサーリンク

ナイキ厚底シューズ世界陸連の新ルール

ナイキヴェイパーフライを履く選出たち

https://hwp.com.tr/

 

議論され続けていたナイキの厚底シューズ。

1月31日に世界陸連はシューズについての新ルールを発表。

「靴底の厚さは4cm以下、反発力を生む埋込のプレートは1枚までとする」

複数のプレートを靴底に内蔵してはいけないことになり、特注の超厚底は禁止となります。

新製品は大会の4ヶ月前までに市販されることも使用条件となりました。

現在30,250円(税込)で流通しているナイキ現行モデルの「ズーム X ヴェイパーフライネクスト%」は条件を満たしました。

禁止を免れ東京五輪や代表選考レースで着用可能に。

男子マラソンの非公認ながらも1時間59分40秒の記録をもつケニアのエリウド・キプチョゲ(35)

この記録を出した際に履いていたのが通称アルファフライというモデルの超厚底シューズ。

3枚のプレートが内蔵され東京五輪では禁止の対象となります。

ナイキ厚底シューズ騒動の経緯

キプチョゲ

https://ameblo.jp/wataruakune/entry-12565399289.html

 

2017年

第1モデルがデビュー 。「厚さは速さだ」をキャッチコピーに開発 。

同社の従来品と比べ、走りの効率が4%アップするとアピール。

 

設楽悠太が2018年2月の東京マラソンで、2時間6分11秒の日本新記録(当時) を樹立。

 

2018年

第2モデル誕生。

同年10月のシカゴ・マラソンで大迫傑が、2時間5分50秒の日本新記録を樹立。

 

2019年

第3モデルとして現行の「ズーム X ヴェイパーフライネクスト%」が発売。

※2020年の箱根駅伝では出場の210人のうち177人(84.3%)が使用しています。

7区間で計13人が区間新記録をマーク。

そのうち12人が着用。

 

2019年10月

男子マラソン非公認ながらも1時間59分40秒の記録をケニアのエリウド・キプチョゲが樹立。

この時に履いていたのが通称アルファフライという4代目の新モデルでした。

 

2020年1月15日

「ズーム X ヴェイパーフライネクスト%」を世界陸連が新規制で使用を禁止することを複数の英メディアが報道。

 

2020年1月16日

報道を受けた大迫傑は自身のツイッターで「どっちでも良いからさっさと決めてくれーい!僕ら選手はあるものを最大限生かして走るだけ!それだけ!」とコメント。

またライバルであるアシックスの株価にもこの騒動が影響。

一時、株価が上昇しました。

 

2020年1月31日

世界陸連はシューズについての新ルールを発表

 

「ズーム X ヴェイパーフライネクスト%」特徴

ナイキズームXヴェイパーフライ アップ

https://www.withyou9.com/nike-zoomx-vaporfly-next-lysreod-ao4568-600.html

 

 

これまでトップ選手はメーカーが特別にあつらえた別注シューズをよく履いてました。

しかしナイキの市販品と全く同じものを大迫選手や設楽選手が着用していたことが、厚底 シューズが広がった大きな要因の一つとして考えられます。

 

「ズーム X ヴェイパーフライネクスト%」は軽さ・高いクッション性・反発力があります。

とくに厚底の中に挟み込まれた反発力のあるスプーン状のカーボンファイバープレートが特徴 。

これが推進力を生み出します。

前足部で着地するとカーボンプレートがググっと屈曲。

すると元に戻ろうとする力が足を前へ推し進めてくれます。

 

旧モデルでは水分を含みやすかったため撥水性の高い素材に変え、水分吸収率が7%改善。

そしてよりグリップ力が強い靴底をデザイン。

足の繊細な部分への圧迫防止のために靴紐の配置を中心から少しずらすなど、選手の意見を反映した革新的なシューズです。

 

世界陸連の禁止見送りは損害賠償が理由?今後は?

 

英 BBC は厚底シューズの全面禁止見送りの理由について、このような見解をしています。

「潜在的な法的争いの脅威を恐れて、調査委員会は物議を醸すヴェイパーフライの範囲に全面的な禁止を課さないことを選択した」

 

ヴェイパーフライは世界市場で脚光を浴びています。

全面的な禁止をした場合、ナイキからの損害賠償請求などの可能性を懸念したとみられます。

ガーディアン紙によると世界陸連はシューズ規定を強化する方針。

新たなシューズ技術の導入を東京五輪が終わるまで一時停止。

ナイキと他社製品の利点を比較評価するプロジェクトを立ち上げるとのことです。

将来的には新製品は、世界陸連の承認が必要になるとしています。

 

東京マラソン

https://www.tokyometro.jp/tokyomarathon2019/

新ルールが発表され今後の方向性も見え、選手たちもファンの人たちも、ひと息つけたと思います。

東京マラソンや東京五輪、大きな大会が待っています。

選手たちを精一杯応援したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました