若く見えるけど、実は2020年で50歳になる芸能人!

芸能人

芸能人は一般の人よりも、若く見える人が多いですね。

吉永小百合さんなどは、現在74歳ですが、とてもそのような年齢には見えません。

姿勢もいいですし、60代と言われても納得してしまう若さです。

芸能人の場合は、視聴者にどのように見られるかが、人気に繋がりますから、みなさん美容や若見えの努力をされているのでしょうね。

実年齢より若く見えるのも当然なのかもしれません。

そんな中でも、今年50歳になる芸能人の中で、「え?とても50歳には見えない!」という

人たちを紹介したいと思います。

永作博美

https://www.crank-in.net/interview/67388/1

皆さんも驚くかもしれませんよ。

では、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

西川貴教さん

西川貴教

https://www.j-cast.com/2020/01/06376481.html

1970年9月19日生まれですから、今年50歳になられます。

シワのないきれいな白い肌を見ると、とても50歳には見えませんね。

西川さんは1996年にソロプロジェクトである「T.M.Revolution」として人気が爆発しました。

NHKの紅白歌合戦にも出場されましたよ。

T.M.Revolution 『WHITE BREATH』

今は、歌手、作詞家、俳優、コメンテーター、実業家でもある西川さん。

俳優としては、現在放送されているNHKの連続テレビ小説「スカーレット」で金髪姿の世界的な芸術家、ジョージ富士川という役で出演されています。

バラエティに出演した時のコメントも面白いし、演技の評価も高く、とても器用な人なんだと思います。

岡村隆史さん

岡村隆史

https://www.excite.co.jp/news/article/Oricon_2154078/

ナインティナインの岡村さんも1970年7月3日生まれなので、今年50歳になられます。

身長が156センチと小柄なので、自分のことを「ちっさいおっさん」と呼んでいます。

岡村さんは2010年に体調を崩して5か月間休養をされていました。

病名については公表されていませんが、本人の話から総合的に判断すると精神的な病気(うつ病のようなもの)だったのではないかと思われます。

休業してからは、笑いに対して寛容な気持ちになり、すべってもいいのかな?と思うようになったとのこと。

心の持ちように変化が生まれたようです。

病気を機に禁煙もされたそうで、それによって体重が激増したそうです。

見た目的にはお腹が出たおじさん体型になったのかもしれませんね。

ぐるナイのゴチになりますや、旅猿などを見ていると、とても50歳には見えない面白さで、我々に笑いをもたらせてくれます。

岡村さんが50歳と聞いて、やはり驚きました。

桜井和寿さん

桜井和寿

https://candy-store74.blogspot.com/2017/08/10.html

Mr.Childrenのボーカル、桜井和寿さんも1970年3月8日生まれですので、もうすぐ50歳になられます。

素敵なラブソングをたくさん作っているあの桜井さんがもう50歳なの?と驚きを隠せない人も多いのではないでしょうか?

桜井さんはMr.Childrenの楽曲のほとんど全部を作詞、作曲されている才能あふれる方です。

しかもイケメンで、スタイルが良くお腹も出ていないので、とても「おじさん」とは呼べない若々しさですよね。

代表的なヒット曲としては、「HANABI」「しるし」「名もなき歌」「Sign」「終わりなき旅」などがあります。

Mr.Children「HANABI」from TOUR 2017 Thanksgiving 25

永作博美さん

永作博美2

https://mainichikirei.jp/article/20190626dog00m100011000c.html

透明感があって、つるんとした素肌を見ると、とても50歳には見えませんが、永作さんも1970年10月14日生まれなので今年50歳になられます。

丸顔で目がクリっとしている人は若く見えると言われていますが、永作さんの場合は丸顔や目の大きさもさることながら、シミ一つない肌の美しさが若見えの要因だと思います。

無理に若作りしていないのに、あの美しさは女性の憧れですね。

永作さんは1988年にアイドルグループ「ribbon」としてデビューされました。

ribbon "それは言わない約束" 永作博美

その後、「劇団☆新感線」を経て女優として活動をはじめました。

映画「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-」で台北映画祭 最優秀主演女優賞を。

映画「八日目の蝉」では、日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞、毎日映画コンクール 女優助演賞、キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞、ブルーリボン賞 主演女優賞など、多くの賞を受賞されている演技派女優さんです。

相田翔子さん

相田翔子

https://www.vario-media.net/180116_028

アイドルデュオWinkで一世を風靡した相田翔子さんも、1970年2月23日生まれなので、もうすぐ50歳になられます。

Winkの頃から見た目の雰囲気はあまり変わっていないように思いますね。

淋しい熱帯魚  Wink

アイドルだったころは素人っぽくて、あまり笑わず人形のように踊って歌っていましたが、

Wink解散後にバラエティ番組に出演するようになり、独特の天然っぷりで注目されるようになりました。

それ以降は「メレンゲの気持ち」や「いいはなシーサー」などの番組で司会としてレギュラーを持つ人気者となられます。

私生活では2008年に医師の相澤宏光さんとご結婚されています。

2012年にはお子さんも誕生されて幸せいっぱいのご様子です。

雨宮塔子さん

雨宮塔子

https://nobiciro.com/person/6977/

フリーアナウンサーであり、エッセイストでもある雨宮塔子さんも1970年12月28日生まれということで今年50歳になられます。

TBSテレビのアナウンサー時代には「チューボーですよ!」の初代アシスタントを務めるなど、バラエティ番組を担当することが多かったようです。

TBSを退社してからは、絵画の勉強のためパリに遊学し、その生活ぶりをエッセイ本として執筆するなど、活動の幅を広げらました。

若い頃と比べると、年齢を重ねて大人の女性という雰囲気になられましたが、美しさに変わりはなく、50歳にはとてみ見えない、美しすぎるアラフィフという感じです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

芸能界には実年齢を聞いて驚く人がたくさんいます。

テレビも4Kの時代ですから、顔のシワやくすみなども映し出されると思うのですが、それでもなんのその、若見えする芸能人がいっぱいいるんです。

ご本人も美に対する努力をされているのでしょうが、体の内面から出てくる若さを感じますね。

人に見られると美しくなると言われますが、視聴者の前に立つと、若さがみなぎってくるのかもしれません。

今の時代、50歳なんてまだまだ人生折り返し地点、これからも若々しいエネルギーで私たちを楽しませてほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました