東京マラソンの一般参加を取りやめに!新型コロナの影響広がる

イベント

毎日のようにニュースなどで報道され続けている、新型コロナウイルスによる感染ですが、拡大しつづけていて、未だに怖いですよね。

みなさんも人ごみを避けたり、マスクを着用したりと、さまざまな感染予防対策を取られていると思うのですが、今回その影響が東京マラソンにまで広がりました。

すごくたくさんの方が参加されるものですし、応援に来られる方もいれると数えきれないほどの人が集まるので仕方ないとは思いますが、参加しようとしていた人にとっては、すごく残念なニュースです。

今回は東京マラソンのニュースをまとめてみます。

スポンサーリンク

東京マラソンの一般参加が取りやめ

東京マラソン

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55718290X10C20A2CC1000/

東京マラソンは、東京都内で3月1日に行われる予定だったため、参加予定だった方はたくさん練習されていたのではないでしょうか。

そんな中、今回は新型コロナウイルスによる感染拡大の影響を受けて、一般参加者の出場を取りやめにすることが発表されました。

出場が取りやめになったのは、一般参加者のみで、エントリー選手は実施される予定になっています。

これにより約3万8000人が出場予定でしたが、約200人ほどの参加になる予定だそうです。

さらに今回出場予定だった一般参加者の参加料の返金は行わないとし、来年の出場権がもらえるそうです。しかし、その際はもう一度参加料を払う必要があります。

参加料は、日本国内のランナーで1万6200円、海外のランナーで1万8200円でした。

どうして返金されないのか

今回参加が取りやめになった一般参加者の参加料は、どうして返金されないのでしょうか。

それは、大会の規約に、下記のように書いてあるからです。

<積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合、返金いたしません。>

このように記載されており、今回の感染拡大による参加取りやめは、この返金の対象にならないためです。

主催財団は万が一に備えて、「興行中止保険」に加入していますが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大による中止に関しては、保険の補償対象外のため、保険が適用されないこと、またすでに準備のために費用がかかってしまっていることもあり、返金が不可能となっていると考えられます。

一般参加者として出場する予定だった人の声は

東京マラソン

https://koto-kanko.jp/event/detail.php?eid=240

実際に出場する予定だった人はどのように感じているのでしょうか。

東京都の会社員

「参加費やチャリティーの使う道はどうなるのか知りたい」と語り、今回9回目の応募でようやく得た出場権だったため、落胆の色は隠せない様子でした。

体力づくりのため、自転車通勤していたそうです。また奥様や友人らも応援に駆けつける予定だったそうで、みなさんで楽しみにしていたそうです。

東京都の会社員

「ショックすぎて脱力感でいっぱい」と話していて、東京マラソンで自己ベストを出すことを目標に、練習に励んでいたそうです。「参加費はできたら返してほしい」とも話していました。

長崎県の会社経営

7年ぶりの出場となる予定だったそうで、「コロナウイルスの感染が拡大していたので、棄権も考えていた。中止決定で諦めがついた」と語っていました。でも「オリンピックイヤーなので走りたかったのは間違いない」とも語っていました。

神名川県の女性

今回が自身にとって初めてのフルマラソン参加になる予定だったそうで、「中止は仕方ないが、走れないことへの残念感は大きい」と話しました。

英国人のご夫婦

「2年以上前から東京マラソンの計画をしていたので、このニュースは辛いです。この決定を理解し、尊重していますが、個人的には余波を感じざるを得ません。」と話し、冬の間、一生懸命トレーニングをしてきたことを明かしていました。

米国人のランナー

「がっかりしている。しかし結局のところ健康は重要だ。」と話しており、一般参加者の中にはこの決定よりも前に、出場を断念していた人がいたこともわかりました。

このように今回の東京マラソンの一般参加取りやめは、世界でもニュースとして取り上げられています。

参加者のみなさんはそれぞれの反応がありますが、やはり練習を積み重ねて来たりしてるので、残念に感じる方ばかりですね。

小池都知事のコメントは

小池都知事

https://www.facebook.com/koike.governor.tokyo/

今回のこの決定に関して、小池都知事はこのようにコメントを発表しています。

「当選して喜んだ一般の方々には申し訳ないが、縮小もやむを得ない。楽しみにされていた人は多いと思う。苦渋の決断だったが、ご理解のほどお願いしたい。」

と話しました。

東京都内でも何人もの感染者が確認されていますし、これ以上感染が拡大しないためにも、この決定は避けれないものだったかもしれませんね。

まとめ

なかなか終わりの見えない新型コロナウイルスの感染が、大きなところにまで影響が出来ました。

今回の東京マラソンはオリンピックイヤーということもあり、いつも以上に期待されている方も多かったと思います。

直前での中止の発表だったこともあり、落胆されている方も多いとは思いますが、これ以上感染拡大しないためにも最善の処置だとも言えますね。

これ以上さまざまな影響が広がらないたまにも、早く感染がなくなってほしいですね。

 

⇒⇒⇒新型コロナと花粉症のダブルパンチ!マスク不足をどう乗り越える?

⇒⇒⇒クルーズ船(横浜港)コロナ感染 ダイヤモンド・プリンセスって?

⇒⇒⇒新型肺炎コロナウイルスとは??心がける3つのポイントを知ろう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました