朝ドラ「エール」いつから?あらすじ・キャスト・モデルは?

スポンサーリンク
ドラマ

朝の忙しい合間にもつい、身支度を整えながら観てしまう「朝ドラ」

おなじみの視聴者としては、「朝ドラ」がないと一日が始まらない気持ちになります。

ただいま放映中の NHK 連続テレビ小説「スカーレット」

戸田恵梨香さん演ずるヒロインの女性陶芸家が奮闘する姿を描いたドラマです。

3月に入り、いよいよ最終回に近づいてきました。

私はすでに次作が気になってきているのですが、気が早いでしょうか?

ほぼ毎日、朝の始まりに観るものなのでとても気になるのです…。

そこで新たに始まる朝ドラ「エール」についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

朝ドラ「エール」いつから?メインはだれ?

朝ドラ「エール」窪田正孝 二階堂ふみ

https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/preview.html?i=18998

 

NHK連続テレビ小説「 エール」が2020年3月30日(月)にスタート!

「エール」に原作はなく、オリジナル作品となります。

主人公は窪田正孝さん、ヒロインは二階堂ふみさんです。

窪田さんは、朝ドラの出演経験はあるものの主演は初めて!

二階堂さんは朝ドラ初出演!2802名のオーディションを経て抜擢されました。

語りは声優の津田健次郎さん。

アニメ・洋画の吹き替え・ナレーション・ラジオパーソナリティとして活躍中。

津田さんの声は落ち着いていて、耳に心地良いと評判です。

主題歌は福島で結成されたボーカルグループ「GReeeeN」の「星影のエール」

 

朝ドラ「エール」あらすじ

 

明治42年、福島の老舗呉服屋に、後に多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一が誕生します。

少々ぼんやりとしていて、取り柄がない子供のように思われていた裕一。

しかし音楽に目覚め、独学で作曲の才能を開花させていきます。

ある日海外の作曲コンクールに応募して、上位入賞を果たします。

それをきっかけに歌手を目指している、関内 音と知り合い二人は結婚。

不遇の時代を乗り越え、二人三脚で数々のヒット曲を生み出します。

しかし戦争へ突入し、軍の要請で裕一は戦時歌謡を作曲することに。

自分が作った歌をうたい戦死していく若者に心を痛めます。

そして戦後復興に向かう日本。

古山夫妻は人々の心を音楽の力で勇気づけようと、新しい時代の音楽を奏でていきます。

 

朝ドラ「エール」キャスト

エール キャスト4人

https://celeb.minory.org/39409.html

 

主人公 古山裕一(こやま ゆういち) 窪田正孝

福島の老舗呉服屋の長男。

気弱な少年だったが音楽で才能を発揮し、独学で作曲を始める。

跡取りとして商業を学び伯父が経営する銀行に勤めるが、音楽への思いを断ち切れないでいた。

関内 音と文通を始め、彼女と共に音楽の道を歩むことになる。

 

ヒロイン 関内 音(せきうち おと) 二階堂ふみ

豊橋市内に住み、プロの歌手を夢見ている。

福島に住む古山裕一が外国の作曲コンクールに入賞したことを新聞で知り文通を始める。

裕一の才能を誰よりも信じ、様々な困難に遭遇しながら自らも歌手になる夢を追い続ける。

 

裕一の父 古山三郎(こやま さぶろう) 唐沢寿明

老舗呉服屋「喜多一(きたいち)」の4代目店主。

子供たちには自分の好きな道を歩んで欲しいと願っている。

 

裕一の母 古山まさ(こやま まさ) 菊池桃子

織物で栄えた川俣で生まれた。

兄の茂兵衛からの再三の養子要請と、裕一の音楽の道を応援したい夫の間で板挟みとなり苦労する。

 

裕一の伯父 権藤茂兵衛(ごんどう もへい) 風間杜夫

 

まさの兄。

川俣の銀行を経営する実業家。

子供に恵まれず古山家の兄弟のどちらかを養子として迎えたいと思っている。

 

音の父 関内安隆(せきうち やすたか) 光石研

主に軍に納品する馬具を製造販売する会社を経営。

優しい良き父親で音楽好き。

娘たちに色々な楽器を習わせていた。

 

音の母 関内光子(せきうち みつこ) 薬師丸ひろ子

女性もしっかり自立すべきと、3人の娘たちに好きな道を歩ませたいと考えている。

 

裕一の恩師 藤堂清晴(とうどう きよはる) 森山直太朗

 

裕一の小学校の担任。

裕一の作曲の才能をいち早く見出す。

裕一が大人になっても良き相談相手となり音楽の道を応援する。

 

音に影響を与える歌手 双浦 環 (ふたうら たまき) 柴咲コウ

世界的に活躍するオペラ歌手。

音がプロの歌手を目指すきっかけとなる人物。

 

オペラ歌手役 柴咲コウ

https://twitter.com/mMashiyu/status/1224312297436237825

 

朝ドラ「エール」のモデルは?

古関裕而と金子さん

https://mypace-freelife.com/?p=1574

モデルは多くの応援歌を作った作曲家の・古関裕而(こせき ゆうじ)さん。

そして、その妻の金子(きんこ)さん。

福島県に古関さんの銅像があり、「福島市古関裕而記念館」が存在するほどの福島の偉人。

福島の新幹線の発着ベルは古関さんの作曲です。

誰もが耳にしたことがあるくらいの多くの曲を生み出しました。

 

主な作品

夏の全国高校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」

プロ野球・阪神の球団歌「六甲おろし」巨人の球団歌「闘魂こめて」

1964年東京五輪「オリンピック・マーチ」

ザ・ピーナッツ「モスラの歌」

 

 

 

 

朝ドラ「エール」の発信力に期待

このドラマには、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年にふさわしい企画にしたいという想いが込められています。

そして、もう一つ…。

作品名の「エール」は「応援」の意味で、東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」という強い想いもあるのです。

土屋勝裕チーフプロデューサーは「エールって何だろう」と考えたとき「思いやり」のことだと感じると語ります。

相手への思いやりがあって初めて、「頑張れ!」という言葉が、本当に届くエールになると…。

東日本大震災は今でも復興などの問題や心に傷を残しています。

しかし時が経ち慌ただしい日常を送る私たちは、あの東日本大震災のことを忘れがちなのでは?

福島出身の古関裕而さんがモデルということで、改めて福島に意識を向ける良いきっかけになるかもしれません。

朝ドラの発信力で、世の中に良い影響を与える素晴らしい作品を期待したいですね。

 

エール ロゴ

https://realsound.jp/movie/2019/10/post-428187.html

 

朝ドラ「エール」は、夫婦二人三脚のドラマ。

このドラマから大切なものを思い出すことが出来れば良いですね。

 

 

 

ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kazuの時事ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました