新城幸也選手は驚異のお腹の腹圧で、美人妻の美和さんと東京2020!

スポーツ

皆さんは自転車ロードレーサーの新城幸也さんをご存知ですか?

ロンドンオリンピック・リオオリンピックに出場されており、2020年東京オリンピックでの活躍が大いに期待されている方です。

新城選手は、フランスを拠点に活躍する、ロードレース界のスーパースターでいらっしゃいます。

新城幸也

2009年には、日本人で初めて近代ツール・ド・フランスを完走、2010年にはジロ・デ・イタリアを完走。

2大グランツールを初めて完走した日本人ライダーです。

他にも2014年には、アムステル、ワールドツアーワンデーで日本人最高位の10位、2019年さいたまクリテリウムでは優勝など、数々の輝かしい成績を残していらっしゃいます。

さいたまクリテリウム2019

近年、健康的でエコな乗り物として、ロードバイクが高い人気です。

間近に控えている東京オリンピックのサイクルロードレースを楽しみにしている方も多いと思います。

今回の記事では、日本のサイクルロードレース界を常にけん引し続けている、新城幸也選手について深堀りしてみたいと思います。

スポンサーリンク

新城幸也選手のプロフィール

新城幸也 バーレーン・マクラーレンユニフォーム

新城幸也選手は 1984年9月22日 生まれの現在35歳でいらっしゃいます。

沖縄県石垣市出身のサイクルロードレース選手。現在、バーレーン・マクラーレンというロードレースチームに所属しています。

最初から自転車競技をやっていたわけではなく、中学・高校とハンドボール部に所属しておられ、大学でもハンドボールをやろうと、大学を受験するも、失敗。

父の知り合いのロードレース選手である福島晋一さんがツアー・オブ・ジャパン宇都宮ステージで優勝されたときのビデオを見て心を動かされ、ロードレースへ転向。

福島晋一さんに才能を見込まれ、フランス留学の運びになったそうです。

動機としては、勉強が嫌いだったので・・とおっしゃっていました。

自転車競技の選手の中では、スタートが遅い方だと思いますが、23歳で日本選手権に優勝。

その後は、日本人初の快挙、ツール・ド・フランス連続出場やツール・ド・フランス第6ステージ敢闘賞、日本選手権2位など、世界に「新城(アラシロ)」の名前を轟かせる選手となられました。

しかし、決して簡単にこれまでの道を上って来られたわけではありません。

ロードレースは、ヘルメット以外のプロテクターは無い状態でレースを行いますから、いつも命がけなんです。

新城選手も2012年、15年、16年、18年と腕、大腿骨など様々な箇所を骨折、2019年3月にはタイでトレーニングキャンプ中に落車して、骨盤とヒジを同時骨折してしまいました。

新城幸也骨折画像

そのたびに長いリハビリを超えて、またトップレベルへと復活されている、強靭な体と精神力を持っていらっしゃいます。

ロードレース競技の独特のルール

ロードレース画像

ロードレースをご覧になったことがない方へ、独特のルールについて少し紹介したいと思います。

レースでは平均5、6時間以上も走り続け、その消費カロリーはフルマラソンの2倍以上だと言われています。

ロードレースでは、最初の10㎞は助走区間です。10㎞を過ぎて、本スタート地点でフラッグが振られると本気の走行となるんです。

スタート地点から選手たちは一斉に走り出しますから、マラソンのような個人レースだと思っている方が多いと思いますが、ロードレースは団体戦です。

しかし、駅伝のようにチームで順番に走って順位を競うものでもありません。

団体戦でありながら、勝者となれるのは一番にゴールした一人の個人だけです。

ロードレースというのは、チームの中のエースを勝たせるために、チームメイトはアシストをするというスポーツなのです。

アシストする者の大切な仕事は、エースの風よけとなることです。

エースの風よけ

自転車にとっては最大の敵となる風からエースを守るのです。

エースの自転車にパンクなどのトラブルが起こったときは、自分の自転車をエースに渡します。

時間の長いロードレースではエネルギー補給も大切なので、エースに食べ物を渡すのもアシストの役割です。

アシストはエースを助けるために走るんですね。

※個人タイムトライアルの場合は、完全な個人戦で、最も速いタイムをたたき出した選手が優勝となります。

新城幸也さんのお腹が凄い!

新城選手はテレビ番組や自分のTwitterなどでも披露していらっしゃるのですが、腹芸が凄いんです。

腹圧でお腹をすごく大きく膨らませることができるんですよ。

新城幸也のお腹

まるで太った人のお腹みたいにポッコリとなるんです。

膨らんでいる部分は、もちろん脂肪ではありませんし、筋肉でもありません。

新城さんが自分で腹圧をかけることで膨らませているんですよ。

このように腹圧を自分の意思で操ることができるのは、体幹を鍛えているからだそうで、腹圧が効くことで腰の負担を軽減させることができ、パワーを無駄なくペダルに伝えることができるので、パワーアップに繋がるのだそうです。

腹圧が強いと、内臓の動きが活発になって、疲れにくくもなるのだそうです。

海外のロードレース選手にも、お腹が出ているように思える選手がいますが、それも腹圧なんですよ。

新城幸也さんのプライベートは?

新城幸也さんは、ご結婚されていて、お相手は飯島美和さんです。

新城幸也・飯島美和

飯島美和さんは、サイクルフォトグラファーで、フリーサイクルアナウンサーでもいらっしゃいます。

美和さん自身もロードレースの実業団選手だったそうで、その経験を生かしてレースの実況MCを務めていらっしゃったようです。

夫婦二人とも忙しく、一緒に過ごせるのは年間30日にも満たないくらいなのだそう。

信頼関係で固く結ばれているようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、2020東京オリンピックでの活躍が大いに期待されている、ロードレース界のスーパースター新城幸也さんを紹介しました。

ポッコリのお腹は腹圧だったんですね。

2020年は新城選手にとって、とても大切なシーズンになりそうです。

オリンピック日本代表を決める選考期間は2019年1月1日〜2020年5月31日の間で、獲得したJCFオリンピックポイントの結果で決定するそうです。

日本の出場選手枠は男女ともに2人ということですが、世界的スターが揃うバーレーン・マクラーレンで活躍している新城選手は最有力候補です。

みなさんも、ロードレースの面白さを知って、東京オリンピックをたっぷり楽しんでほしいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました