バナナが大ブーム!カロリーや効果とおすすめの食べ方も紹介!

未分類

最近、テレビ番組でもよく取り上げられたりと話題の「バナナジュース」ですが、バナナってどのような効果があるのでしょうか。

ダイエットや熱中症対策に効果があったりと健康によい食材ですが詳しく分からないですよね。

そこで今回はバナナの栄養素や効果について調べてみました。

バナナ(写真AC.フリー素材写真からの引用です)

スポンサーリンク

バナナを食べることでどんな効果があるの?

ダイエットにも繋がる!?朝バナナで1日をスタート

バナナは1本あたり約86calあります。

それに対し、朝食でよく口にする食パン1枚には211cal含まれているため、バナナが低カロリーな食品か実感できますね。

また、バナナにアミラーゼという消化酵素が含まれ、アミラーゼが消化吸収を早めてくれる機能を持っています。

すぐに朝食べたものをエネルギーに変えてくれて、朝から活発に動けるのです。

また、私たちのエネルギー源はブドウ糖であり、この栄養素がないと脳がぼんやりしたりスタートが上手く切りにくくなり、1日の仕事や勉強にも影響を及ぼしてしまいます。

バナナにもブドウ糖となる糖質が含まれているので私たちのエネルギーとして活躍します。

しかもバナナに含まれる糖質は果糖やデンプン、ショ糖と様々で、糖質によって消化吸収にかかる時間が違います。

そのため、消化されるのに時間差があり脳にエネルギーがなくなったとても途絶えずに消化された糖質が脳や身体に行き渡りますよ。

皮を剥くだけですぐに食べられますし忙しい時間にも食べやすいのではないでしょうか。

1日の始まりにバナナを食べてみてはいかがでしょう。

熱中症対策にも効果テキメン!?

夏になると朝から一日中とても暑くなり体調を崩しやすくなることがありますよね。

また、夏は熱中症に気をつけていきたいところです。

熱中症の予防にバッチリなにがバナナなのです。

ミネラルのひとつであるカリウムが夏バテや熱中症に効果的なのですが、バナナは1本(約100g)あたり360mg含まれているのです。

カリウムは熱に弱く、茹でたり炒めたりすると失われてしまいますがバナナはそのまま食べるので栄養素が失われないまま食べることができます。

カリウムには熱中症、夏バテ予防の効果の他にも

・血圧を下げる

・むくみを予防する

・脳卒中の予防

などにもつながる私たちにとって必要な栄養素ですよ。

バナナを食べてカリウムを補っていきたいですね。

胃腸を助けてくれるバナナ

食物繊維は便秘の予防をしてくれるだけではなく、

血糖値が上がることを防ぐ

血液中のコレステロールを下げる

などの効果がありますよ。

また、食物繊維には2種類存在し「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」あります。

もちろんバナナにはどちらも含まれていますよ。

水溶性食物繊維は有害物質にくっつき、体外へ運ぶ機能があります。

それに対し不溶性食物繊維には便の量を増やし、便の排出を促進する効果があるのです。

バナナは野菜や果物の中でも食物繊維が多く含まれている食材です。

100gあたり1.1g含まれていますよ。

便秘に悩まされている方はバナナを食べることによって改善されるかもしれませんね。

妊娠中や授乳中の方にもおすすめ!

バナナに多く含まれる栄養素の1つに葉酸が挙げられます。

100gあたり26μg含まれているのです。

「葉酸」と言ってもどのような栄養素かなかなか分からないですよね。

葉酸の働きは主に

・赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低下

・赤血球の生産を助け貧血予防

・細胞を作ったり再生したりする機能を助ける

などが挙げられます。

そのため、妊娠中や貧血に悩まされている人にもおすすめできるのがバナナなのですよ。

オススメのバナナの食べ方は?

バナナとヨーグルトを組み合わせた食べ方が栄養面のバランスバッチリです。

バナナはビタミンや食物繊維、糖質が豊富に含まれていますがタンパク質や脂質を補うのは難しいです。

そこでタンパク質や脂質が含まれ、更にミネラルやビタミンも摂取できるヨーグルトと組み合わせることによって栄養バランスがよくなりますよ。

ヨーグルトの

酸味がバナナの甘みに合い美味しく栄養を摂ることができるのです。

朝食や食後のデザートにバッチリですね。

ヨーグルトとバナナにもう1つ足しちゃおう!

・ヨーグルト+バナナ+ハチミツ

ハチミツに含まれているオリゴ糖にはヨーグルトの働きを促進する効果があります。

更に美味しくなり、栄養もたくさん摂取でき一石二鳥ですね。

・ヨーグルト+バナナ+きなこ

きなこにはイソフラボンが含まれており、肌の新陳代謝を促進する効果があるため美肌にしてくれるのです。

その他にも自律神経を安定させる効果などもあるので朝から落ち着きたい方や、「最近ストレスをよく感じる」と考える方にもおすすめですよ。

パラパラときなこをかけてダイエットもしながら美肌になりましょう。

今回はバナナの栄養素や効果などについて調べてみました。

バナナには様々な効果があるのですね。

バナナを食べて健康を目指してみてはいかがでしょう。

 

⇒⇒⇒今まさに第三次バナナブームが来ている!

コメント

  1. […] ⇒⇒⇒バナナが大ブーム!カロリーや効果とおすすめの食べ方も紹介! […]

タイトルとURLをコピーしました