東京2020オリンピックの2次チケット!狙い目競技や日程は?当選確実方法は?

東京2020まで早くもカウントダウンが始まっている感じで、なんだかドキドキわくわくしますね!振り返りますと2013年に、滝川クリステルさんが五輪招致活動の最終プレゼンテーションの際、日本の文化を世界にアピールしたお・も・て・な・しが年間大賞に選ばれた時!!その事がまだ記憶に鮮明に残っているのではないでしょうか。あの頃からもう6年が経ちました。が、もう2019年も数か月で終わりますね。

東京オリンピックを体感できるのはもうないかもしれないな。なんて思いながら、今回観戦チケットの抽選にチャレンジした人は多いのではないでしょうか?!

 

スポンサーリンク

第2次抽選申し込み開始!日程確認!

2019年11月13日~11月26日午前11時59分まで参加できます。人気傾向を知れば当選の確立もグッとあがります!!チケットの総数が約780万枚。第1次抽選等で357万枚が既に完売しています。第2次抽選で100万枚が販売されます!「え?ちょっと少なくないですか??」はい。正直思いますよね。それに、第1次抽選で当選した人達も今回応募可能だそうですよ!「まってまって!運分けてよ~」って思いますね。

東京オリンピック競技日程はこちら公式HP

チケット購入に関してはこちら公式HP

TOKYO2020ID新規登録ページはこちら公式HP(チケット購入には、東京2020IDが必要です)

 

狙う競技は?日は?座席は?戦略的に攻めましょう!

当選のポイントを解説します!

その1【平日の昼間を狙いましょう!】

こちらは前回の抽選会で金曜日の夜と土日祝日にチケット申し込みが集中したとの事です!平日の昼間は申し込みが特に少なかった為、ここがチャンスだとか!

その2【席は中間層を狙いましょう!】

ABCDと席が其々値段ごとに別れています。A席⇒D席の順に競技が近い席となっています。例えば、「水泳競技決勝」で値段説明してみますと、A席10万8000円。B席7万2000円。C席3万6500円。D席1万1800円です。競技や会場によって値段が違いますので要チェック!前回は価格が最も高い、A席と最も安価なD席に申し込みが集中しました。中間層の席は比較的申し込みが少なかったので狙い目です!やはりせっかく見るなら、最前列で見たい!という思いと、最前列で見たいけど見られるだけで嬉しい!という思いでA席,D席に集中したのだとか。今のスタジアムの作りは最後列でもガッツリ問題なく見られる作り(斜めで見やすい様に設計段階で工夫がされている)になっています。有難いことに技術は発達していっているのですね。ありがとうございます。

その3【競技の申し込み傾向をみましょう!】

競技によって申し込みには差が大きく見られるそうです。第1次抽選で申し込みが著しく集中したのが、競泳、アーティスティックスイミング、野球、3人制バスケットボール、バスケットボール、体操、新体操、柔道、空手、スケートボード、サーフィン、卓球です。ただ、競技の人気不人気という事だけではなく、会場の広さ座席数の多くない場合や、競技によって試合数もバラバラな為に倍率がグッとあがってしまいます。

例えば、射撃に関してはあまりメジャーじゃないかな?なんて思い抽選にチャレンジする人も多いそうです。しかし、会場通常時の客数は約3000人程度が限界だとか。試合数もあまり多くない競技なので倍率があがってしまって当選が難しいという事も。もう既に席が埋まってきている状態です。逆に、日本人選手が活躍しているレスリングは、決勝戦観戦チケットがまだ余っているみたいです!あえて人気だと思うものを避けて購入する人も多いそうで!オリンピックの観客席も心理戦で一種の試合が行われているみたいで燃えますね。開会式、閉会式は申し込みが集中していますが、まだ抽選申し込みが可能となっています。

 

この競技はきついかも!?

【7人制ラグビー】ですが、第1次抽選会の際、ラグビーワールドカップ前だったという事で、空席がありました。しかし、日本代表の快進撃により初のベスト8!ワールドカップが終わった今、ラグビーロスと言われる程の大人気に!今回の抽選ではかなり集中しそうな予感です。

【バスケットボール】もですが、八村類選手のドラフト前ということだったのでまだ申し込み可能ですが、今からどんどん倍率が上がる気がします。

 

逆に?!ここを狙え!

【サッカー】は、席数&試合数が多い為比較的当選確率が高いです。約5万人が会場に入りますので狙い目です!

 

狙い目競技のまとめ!

水泳(飛込み、水球)・ソフトボール・サッカー・ハンドボール・ホッケー・ビーチバレーです。しかし、これらは全て予選の試合のみです。決勝は応募が既に集中しているそうです!!

 

最後に!

今回の抽選数も前回より少なくなっている+当選した人も応募できるという事で確立は前回よりも低いかもしれませんが、戦略的に攻めて抽選自体を楽しんでみてください!今回諦めてしまったらそこで終わり!抽選チャレンジだけでも試してみる価値ありですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました