モラハラ?パワハラ?ハラスメントって何?指導やしつけと何が違うの?

スポンサーリンク

モラハラやパワハラといったハラスメントの種類はなんと20~30種類もあるといわれています。ハラスメントとは人を困らせたりする、いわゆる嫌がらせ行為ですが、年々その種類も増えてきているようです。

 

スポンサーリンク

パワハラとモラハラはどう違うの?

パワハラにしてもモラハラにしても、職場の中で起きる事が多く、特に上司や先輩からのいじめや、嫌がらせ行為といった形で行われるハラスメント行為です。特にパワハラは権力や地位、能力といった関係から相手を威圧するハラスメントです。自分の地位や立場といった優位性を利用して、相手を肉体的にも精神的にも追い込む嫌がらせです。

 

また、モラハラの場合、力関係はなくても精神的な暴力ともいえます。パワハラとモラハラは似ているところもありますが、大きな違いはパワハラの場合、殴る蹴るなどの直接的な暴力を含んでいますが、モラハラの場合は肉体的なダメージを与えるような暴力は含みません。

 

モラハラは、優位性のある立場の人だけでなく、同僚など同じ立場の人から受ける場合もあって、その辺がパワハラと違うところです。また、パワハラが地位や立場といった優位性を利用したハラスメントで、主に会社などの職場で行われることが多いのですが、モラハラの場合は会社だけでなく、家庭などでも行われているケースも多くみられます。

 

また、よく言われるセクハラとは性的に相手を困らせたり、嫌がらせをする行為ですが、パワハラとモラハラが重複するように、セクハラとモラハラも似ている部分があります。セクハラとモラハラの大きな違いは、セクハラの場合は男性が女性に、女性が男性に行われるのに対し、モラハラは男性同士、女性同士でも行われるケースも多いといった違いがあります。

 

モラハラにはどんなものがあるのか?

直接的な暴力を含むパワハラとは違い、モラハラは精神的に相手を困らせる行為ですが、具体的にはどんな行為があるのでしょうか?

 

1 無視をする

職場の中で比較的多いモラハラに、「挨拶をしても返さない」「話しかけても返事をしない」といった、相手を無視するという嫌がらせがあります。よくあるケースが勤続年数の長い女性社員が、若手の女性社員に対して無視をするといった行為がみられますが、男性同士でもこうした無視をする嫌がらせ行為があります。また、若手の社員が年上の社員に対して、集団で無視をするといったこともあるようです。

 

2 バカにしたような態度や発言をする

例えば、「有名大学を出ているくせに頭が悪いな」とか「中卒は使えない」といったように相手をバカにした発言はモラハラに該当します。また、そうした発言などを見ていて同調したり、笑ったりする行為もモラハラになります。

 

3 嫌味を言う

「お前のせいでノルマが達成できなかった」とか「どうせお前にはできないだろう」といった嫌みのある発言は、相手をかなり傷つけるモラハラだといえるでしょう。

 

4 間接的な悪口を言う

相手に対して直接悪口を言わなくても、「あいつはキモい」とか「あいつは根暗だ」といった言葉を聞こえるように言う場合もモラハラになります。

 

5 1人だけ有給休暇を与えない

労働者に与えられた権利である有給は、基本的に申請したときに拒否することはできませんから、もし有給の申請を拒否するような行為をすればモラハラになりますし、パワハラにも該当します。

 

6 身体的な特徴をからかう

一般的に蔑む言葉として「ハゲ」「チビ」「デブ」「臭い」といったものがありますが、そうした身体的な特徴をからかう行為もモラハラになります。

 

7 大勢の前でけなす

相手のミスなどを仕事上で指導することもありますが、他の社員が見ている前で吊し上げたり、怒鳴るといった行為もモラハラになりますし、もしその人が上司ならパワハラにも該当します。

 

パワハラやモラハラは指導とはどう違うのか?

よくパワハラと指導はどう違うのか、どこまでが指導だといえるのか問題になることも多いようです。まずパワハラとはどんなことなのかといえば、同じ職場で働く人に、職務上の地位や人間関係などの優位性を利用して、業務上の適正な範囲を超えて相手に精神的・身体的に苦痛を与えることをいいます。

 

問題になるのが、「業務上の適正な範囲を超えて」ということですが、具体的にはどんケースが該当するのか?まず身体的な攻撃では、頭を小突くとか胸ぐらを掴むといった行為です。また、精神的な攻撃とは人前で叱責したり、人格を否定するような言葉で執拗に叱責するなどです。

 

また、人間関係の切離しとして、日常的に挨拶をしないとか、会話をしないとか、食事会や飲み会に誘わないといった行為です。その他、明らかに達成不可能なノルマを課したり、一人では無理だとわかっているような仕事を強要するような行為はパワハラになります。

 

そして、指導というのは教え導くことであり、厳しく叱ったりすることがあっても、そこには「よくなってほしい」「成長してほしい」という思いがあってのことです。パワハラの目的は相手をバカにしたり、排除することですが、指導の目的は相手を成長させることだといえるでしょう。

 

⇒⇒⇒あなたは大丈夫?パワハラ防止法施行前に正しい定義を学びましょう!

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kazuの時事ニュース

コメント

タイトルとURLをコピーしました