マイナンバーは作らないとどうなる?作成期限は?メリットは?

マイナンバーは、2015年10月から本格的に運用されるようになってから4年になりますが、そもそも「公平・公正な社会の実現」「国民の利便性の向上」「行政の効率化」といった名目でスタートしました。ところが、国民にとって必要不可欠なものかといわれると、そうでもないような気がします。

 

マイナンバーを作らないとどうなるのか?作成の期限やメリットなどを紹介したいと思います。その前に改めてマイナンバーとはいったいどんなものなのかを紹介します。

 

マイナンバーとは?

マイナンバーとは、日本に住民票があれば必ず付与される12桁の数字で、確定申告などで書類にマイナンバーを記載しますし、勤務する会社に届け出たりしますが、基本的にはそれだけで普段はほとんど使わないといった人が多いようです。

 

マイナンバーカードとは、このマイナンバーに加えて顔写真・氏名・住所・生年月日・性別などが記載されたプラスチック製のカードです。マイナンバーカードは運転免許証のような身分証明書として使えるのですが、取得するかどうかは個人の任意ということになっています。そして、2019年3月時点でのマイナンバーカードの普及率は、13.08%だということですから案外少ない事がわかります。

 

マイナンバーカードを作成しないとどうなる?

マイナンバーは国民全員に付与されていますが、マイナンバーカードに関してはあくまで任意ですし、マイナンバーカードを作らないと問題があるということではありません。

 

また、マイナンバーカードを作成するにあたっての期限などはありませんから、必要だと思ったときに作成すればよいということです。作成しておくと何かと便利なこともありますから、マイナンバーカードのメリットを知ってから作成してもいいのではないでしょうか。

 

マイナンバーカードの作成期限は?

また、マイナンバーカードには有効期限があって、基本的には発行日から10年間、20歳未満の未成年の発行に関しては、発行日から5年間となっています。これは写真の容姿が変わるという理由からのようです。

 

マイナンバーカードのメリットとは?

マイナンバーカードには案外知られていないメリットがありますが、それらを紹介します。

 

コンビニで住民票や印鑑証明を取ることができる

車の購入や売却、大きな買い物をする際に住民票や印鑑証明書が必要になってきますが、これらを入手するためには住民票を登録している自治体の窓口まで出向いて数百円の手数料を支払います。

 

しかし、マイナンバーカードを持っていると、これらの書類をコンビニなどで即時受け取ることができます。この場合、通知カードではだめで、あくまでプラスチック製のマイナンバーカードでなくてはなりません。

 

セブンイレブンやファミリーマートなど大手のコンビニでは、店内に設置されているマルチコピー機を使って印刷できます。マルチコピー機にはよく見ると、マイナンバーカードを読み取るためのリーダーがついています。操作画面から「行政サービス」を選択し、あとは指示にしたがってマイナンバーカードを読み取るなどの手続きを行えば、書類がその場で出力されます。

 

役所などの自治体窓口まで足を運ばなくても、簡単に住民票や印鑑証明が入手できますからかなり便利だといえます。発行される書類はA4のコピー用紙で透かしはありませんが、コピー防止処理がしていて、コンビニで発行したものだから拒否されるということもありません。

 

また、発行手数料も自治体の窓口と比べると安く設定している場合もあるようです。たとえば、大阪市では一律に100円引きとなっていますし、横浜市では役所の窓口では300円の手数料がかかりますが、コンビニでの交付だと250円で発行しています。

 

そして、コンビニでの交付の受付時間は、6時30分から23時までですし、土日祝に関係なく発行することができます。また、基本的に発行できるのは、「住民票の写し」「印鑑登録証明書」「住民票記載事項証明書」「各種税証明書」「戸籍証明書」「戸籍の附票の写し」となっていますが、自治体によっては多少ちがっていますので各自治体の公式サイトなどで確認するといいでしょう。

 

本人認証時に身分証明書として使用できる

マイナンバーカードを提示すれば、本人確認がこれ一枚で済みます。金融機関での口座開設やパスポートの新規作成など、様々な場面で利用することができます。特に運転免許証を持っていない人などは、顔写真付きの身分証明書になりますから便利です。

 

各種民間オンライン取引等で使用できる

マイナンバーカードはオンラインバンキングをはじめ、各種の民間オンライン取引などで利用できるようになります。

 

複数のカードを一体化できる

市区町村や国が提供している、様々なサービスで必要になってくる複数のカードがマイナンバーカードで一体化することができますから、様々な手続きが簡単になります。

まとめ

いろんなメリットがありますし、作っておいてもいいんじゃないかと個人的には思っています。私は、2年前に作成しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました