漫画家清野とおる氏壇蜜と結婚!実家や年収、新居は?

タレントの壇蜜さんと漫画家の清野とおるさんが結婚という電撃ニュースが飛び込んできました。清野とおるさんは漫画家ということですが、どんな人なのか実家や年収、そして新居についても詳しくみていきます。

 

スポンサーリンク

壇蜜のプロフィールとは?

まずは壇蜜さんのプロフィールからみていきます。壇蜜さんは、1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身のタレントです。父親はツアーコンダクターで、母親は保育士をしています。生まれは秋田ですが、幼少期に東京に移住しています。小学生の頃に「ゴルゴ13」を読み、性的な事柄に興味を持ち始め、中学生の頃には大人びた女性だったことから同級生らに「愛人」と呼ばれていたそうです。

 

英語科の教員免許や調理師免許を取得していて、アメリカへの語学留学の経験もあります。和菓子工場や銀座のホステスを経て、和菓子屋時代の知人の死をきっかけに冠婚葬祭の専門学校に通学し、遺体衛生保全士の資格を取得しました。

 

壇蜜という名は、当時の葬儀場で働いていたことが芸名の由来となっています。面接のときに「白いワイシャツに黒いブラジャーを透けさせたら受かった」と本人は語っています。

 

2010年3月に「週刊SPA!」の一般公募グラビ企画「美女タレント発掘プロジェクトどるばこ」に、プロフィール写真を送ったことでグラビアデビューしました。同年7月、当初は芸能活動をするとは思っていなかったようですが、芸能事務所にスカウトされ、撮られるということに悦びを感じたため、グラビアアイドルになることを決意しました。

 

グラビアアイドルとしてデビューしたあとは、2012年から多くのバラエティ番組などに出演し、バイセクシャルであることを公言したり、「脱ぐことは天命」といったエロチシズムのあるトークや表現で話題になりました。

 

清野とおるのプロフィールとは?

次に壇蜜さんの結婚相手である清野とおるさんのプロフィールを見て行きます。清野とおるさんは、1980年3月24日生まれ、東京都板橋区出身の漫画家・エッセイストです。現在39歳ですから壇蜜さんよりも1歳年上ですが、同じ1980年生まれです。成立高等学校在学中に「ヤングマガジン増刊青BUTA」に掲載された「アニキの季節」で1998年にデビューしています。デビュー後は「週刊ヤングジャンプ」で「青春ヒヒヒ」や「ハラハラドキドキ」を連載し、単行本化されましたが絶版になっています。

 

その後は、短編やイラストを雑誌に投稿しながら、ブログで身辺雑記を綴ったことで話題になりました。そのブログが2008年Bbmfマガジンの編集者の目にとまり、携帯サイト「ケータイまんが王国」で「東京都北区赤羽」を連載するとメディアでも注目されるようになりました。

 

また、「漫画アクション」誌上で続編となる「ウヒョッ!東京都北区赤羽」を連載しています。

 

清野とおるさんは、保育園時代に園長から児童虐待を受けていたことを告白していますが、そこの保育園は、園児を縄で縛ったり下半身だけ裸にして立たせたりし、清野とおるさんもニワトリ小屋に閉じ込められたりしていたといいます。

 

また、少年時代は脅迫観念による幻聴に悩み、幻聴の命令に従わないと激しい頭痛に襲われ、ツゥレット障害による奇行がめだったことで、小学校を早退させられ、脳波検査を受けたことを明かしています。漫画家になってからも、原因不明の吐き気などから抗精神病薬を飲んでいた時期もあるそうです。

 

また、現在はマスクをしている写真しかありませんが、マスクを常用している理由は「口の粘膜を見られたくない」ということです。

 

壇蜜さんと清野とおるさんとの馴れ初めとは?

壇蜜さんと結婚が決まったとき、清野とおるさんを知ってる人達からは「うらやましい!」とネット上の声があがっています。壇蜜さんと清野とおるさんはいったいどんな馴れ初めで結婚したのでしょうか?とても気になりますが、2人は2017年3月に放送された「櫻井・有吉THE夜会」で共演し、壇蜜さんは「今気になって仕方ない男性」として清野とおるさんの名前をあげました。

 

この番組での共演後に、プライベートでも食事に行く機会もあり、同じ1980年生まれということもあって意気投合したようです。もり番組共演直後に交際が始まったとしたら、2年半の交際期間を経て結婚に至ったとうことになります。

 

壇蜜さんの知人の話では、清野とおるさんの優しさに彼女が惹かれていったということですが、交際していくなかで次第に結婚を意識するようになったのでしょう。

 

気になる清野とおるの年収や新居は?

清野とおるさんは漫画家ですが、漫画家の中でもヒット作もありますし、あとテレビの出演料もありますから、年収で1000万円は超えていると予想されます。

 

清野とおるさんは、北区赤羽をずっと愛しているということで、現在も赤羽に自宅を構えています。そして、壇蜜さんとの結婚で新居を構えるのでは?といった噂もありますが、婚姻届けも北区役所に提出したという情報もありますから、2人の住居は東京都北区にある可能性が高いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました